« 八海山スキー場 2017.1.22 | トップページ | 職場のスキー旅行 2017.2.10~11 »

2017.02.05

かぐらスキー場 2017.2.4

この付近で最も巨大なゲレンデかぐらスキー場に行ってきました。
A

 ここは近年、バックカントリーと言う言葉を一般化させたゲレンデとして有名。とにかく広い。バックカントリー、サイドカントリーの聖地ですね。真っ新な斜面に一本でもラインが入ると、こぞって多くの人が押し寄せる構造。現にゴンドラを降りた和田小屋の前はザックを背負った人が大勢いてなんか異様だった。もちろんこの多くの人達の中には山を知らない人もいるだろう。かつてのアライマウンテンを思いださずにはいられなかったのだ。

B

C

 さて、かぐらはゲレンデは広いが、横移動も多く、好きな斜面を決めて行動しないと時間が足らなくなってしまう。エリアが広いだけにゲレンデ内は混雑しなかったが、駐車場とレストハウスが酷い混みようだった。ま、一度は…と思って行ってみたけど次回来るときはパウダー狙いで行ってみたいもんです。ゲレンデから見る巻機山と平標山は見ごたえありましたよ。

D

E

|

« 八海山スキー場 2017.1.22 | トップページ | 職場のスキー旅行 2017.2.10~11 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

吉田さん、かぐら、大きいスキー場ですよね。確かみつまたとつながっていたような。もともと、国鉄時代に国鉄が大きくしたスキー場ですね当時、新聞に国鉄調べの積雪量が新聞に掲載されていて、いつもかぐら・みつまたの積雪量が他所と比べて異常に多くて(国鉄が自分の経営しているスキー場への肩入れ、といわれ)、問題になっていました。40年近く前ですかね。
それにしてもバックカントリー、マスコミも無責任ですよね!そして、救助する人達の苦労!

投稿: TAKU | 2017.02.06 09:23

TAKUさん、かぐらはスキー場自体が麓の国道から見えないこともあって奥地へ来た感が凄かったです。平日の視界が悪い日だったらゲレンデ内遭難が起こってもおかしくないほどですね。
みつまた、田代と繋がっていますが、全て行き来するのは大変でした。しかもドラゴンドラで苗場と繋がっているんですから、凄いですよね。

投稿: 吉田 | 2017.02.07 04:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八海山スキー場 2017.1.22 | トップページ | 職場のスキー旅行 2017.2.10~11 »