« 仲間 2016.2.10 | トップページ | 逆流性食道炎 2016.2.20 »

2016.02.11

鍋倉山 2016.2.11

ようやく初ツアー。A立ち止まり言葉を失う光景。ただ素晴らしい…。

 ここ最近初ツアーがこんな時期にずれ込んだのは記憶にない。小雪にモチベーションが上がらなかったのは事実で多くの人が今期は最後まで引きずりそうである。前日飲み会だった割りに自宅を出たのは5時。殆ど雪の無い新井柿崎線をドライブしながら周囲を見渡して、改めて雪の少なさに唖然とした。今日は長野県は全域晴れ予報。その割に新井から飯山に抜ける292から見る山の景色は灰色である。よくあることだが、晴れる時の飯山は朝靄が掛かっているもの。それもなし。ガスが抜けるのが遅くなるのか…そんな不安がよぎりながら温井着。本日は単独です。

 車は7台ほど。これから増えてくるのだろうが、雪の壁も低くこの異常気象は今期限定にしてほしいものだ。山のガスも取れず、目の前に立ちはだかる鍋倉山や毛無山(野沢温泉スキー場)も見えない。予報とは裏腹にそんな現実なので車内でのんびり準備。スタートしたのは8時半。池から小屋、東尾根に乗ってから調子が出てきた。雪は20cmほどのパウダー。これが軽いのでラッセルも楽。

B0

 北東尾根と合わさるジャンクション辺りでいつもの霧氷が姿を現す。これこれ…これ見たさに今年もここへやってきました。冬の鍋倉山のブナ林は私の中の新潟山岳遺産です。多くの人が立ち止まり言葉を失う光景。タイミングよくこの頃からガスが切れて晴れ間も見えてきた。青空にブナの雪の華が映える。冬の桜吹雪である。キラキラに輝いたその華は太陽に照らされるとカラカラと音を立てて落ちてくる。まさに白い桜吹雪。

B_950x634白い桜吹雪。

Cブナは人にパワーを与える力強い木。

D山頂は少しだけ狭い。でも展望は良い。

E北面からの関田峠方面。林道がよく分かる。

 ジャンクションから山頂はすぐだ。例年より狭い山頂から時折火打山が見えては消える。山頂滞在は約30分。シールを剥がして滑走する頃に妙高山も見えだした。これから山頂に上がる人は良い景色を眺められるだろう。私はとりあえずジャンクションまでひと滑り。もの凄く繊細なパウダーだ。板のテールから細かい雪煙が舞っているのが分かる。斜度は緩いが楽しいパウダースキーを楽しんだらジャンクションでまた撮影。ここから一気に東尾根を降りる。

F多くの人に見てほしい雪景色。

G

H

 尾根途中は藪が濃くて滑走困難だ。頻繁に現れる小枝にテレマークターンを封じ時折プルークで降りる。できる限り良い斜面を見つけて降りたつもりだが、それでも今期を象徴するコンディションだった。残念だが、今が積雪量のmax。明日から暖かくなり、週末は南風が吹くとか。一気に山の雪解けも進むだろう。現実を受け止め、極力不快なツアーを避けたいものだ。帰りは久々の道の駅千曲川へ。ここの里わで里わカレー。定番。産直で野菜を買って新井経由で帰宅でした。

I鍋倉の帰りはここが定番。

J毎回こればかり。

|

« 仲間 2016.2.10 | トップページ | 逆流性食道炎 2016.2.20 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

まさに鍋倉ザデイですね。
3月は山スキー最盛期なのですが今年は絶望感漂います。
つまらないシーズンです・・。

投稿: MIYAKEN | 2016.02.14 08:35

MIYAKENさん、コメント有難うございます。
ブナに白い華が付いて晴れてる時に登れて良かったです。
途中、藪がうるさくてまともにターンができませんでした。
これが最大積雪量かと思うと切ないですね。

今でこれだから4月辺りは酷いでしょうね。
そんな事情だから今期の春は藪の無い立山辺りが賑わうでしょうね。

投稿: 吉田 | 2016.02.14 18:12

吉田さん、最後の?砦の鍋倉山もダメですか😱霧氷は素晴らしいですが!

投稿: TAKU | 2016.02.14 20:12

TAKUさん、お疲れ様です。
何処の山でも必ずどこかで藪地獄があるようです。
鍋倉も一緒ですね。2月に入って随分これでも増えたようですが。

霧氷は上部の写真なので、分かりにくいですが、中間から下は快適ではありませんでした。
春先の笹ヶ峰⇔富士見平も心配ですね~。

投稿: 吉田 | 2016.02.15 06:23

今年は、不断隠れている小さな沢が危険かもしれませんね!再来週に野沢温泉灯籠木峠から七巻へのクラッシックルートへ行こうと思っていますが厳しいかなぁ~。

投稿: TAKU | 2016.02.15 08:28

TAKUさん、考え方次第ですね。
快適に連続ターンは無理かもしれません。
しかし、どんなコンディションの山であれ、ゲレンデとは別物ですよね。
藪漕ぎありのスキーハイキングと割り切れば楽しいかも?

どこも小雪ですが、菱ヶ岳と守門岳が割と積雪豊富です。

投稿: 吉田 | 2016.02.15 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仲間 2016.2.10 | トップページ | 逆流性食道炎 2016.2.20 »