« 弥彦神社へ初詣と初売りで新潟市へ 2016.1.2 | トップページ | 遅れてやってきた冬将軍 2016.1.16 »

2016.01.11

シャルマン火打スキー場 2016.1.11

少~しだけですが、冬らしくなってきました。
A

 朝一番にシャルマンへ。サイトを見るとパウダーを待ちきれない人が昨日殺到して結構なリフト待ちがあったとか。以前2シーズンほどシーパスで通ったが、ここは首都圏からアクセスが悪いので基本的に冬の3連休でも混雑はない。しかし、今年はいつもの年とは違って普段雪があるべき所でもない場合が多い。よってシャルマンみたいなゲレンデに人が集中したのかな。今日も5分強のリフト待ちはあったが、早い時間に解消された。雪は20cmほど積もったが、視界が悪くやはり滑走可能面積の少なさでシャルマンらしい快適さはなかった。

 特に上部のスノーマン、メールは視界の無い時は致命的で私のようなシャルマンをさんざん滑った人間でも雪酔いしてしまう。人間は前方の特定物に射程距離を定めて滑らないと平衡感覚を失うのだ。こういう時はツリーに限る。ただツリーができるほど林間に雪もなく、後半はヴォレーを流してショートカットのパウダーを食べて下山した。山は1本に掛ける思いと気合が違うが、ゲレンデは楽しくなければ即ヤメである。昼には上がって能生のあさひ楼へ。超久しぶりである。口コミだけで広がった有名なラーメン屋。
B
 濃い口の醤油スープが麺に絡みついて美味しい。あさひ楼は看板も案内も出していないので、初めての人は間違いなく迷う場所。普通の民家をラーメン店として営業しているのだから無理はない。しかし、その賑わいぶりはリピーターの多さを物語り、味は確かなものだ。シャルマンからの帰りは海を見ながらと言うのもオツなもの。遅い冬が訪れたのか直江津も柏崎も典型的な里雪らしく少し積もっていた。

 今週はずーっとこの天候らしいが、降るべき時にしっかり降らなかった年は山スキーのシーズンも短い。多分このまま細い枝とか藪も消えないだろう。いつも言っていることだが、今与えられた自然を大切にし、我々山岳スキーヤーはそこにある雪を求めて山に入るしかないのである。

|

« 弥彦神社へ初詣と初売りで新潟市へ 2016.1.2 | トップページ | 遅れてやってきた冬将軍 2016.1.16 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

吉田さん お疲れ様です。あさひ楼、不思議な味デスネ。特に凄く美味しい、と言うわけではないのに、時おり無性に食べたくなる、味ですね。たまに行きます。ただ、駐車場が少ないのと駐車場の幅が極端に狭いのが難点ですね。また、食べたくなりました

投稿: TAKU | 2016.01.12 20:13

TAKUさん、お疲れ様です。
あさひ楼、頑固一徹ですね~。
メニューがラーメンとチャーシュー麺だけ。
なのにあの人気とは…分からないもんです。

投稿: 吉田 | 2016.01.13 19:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弥彦神社へ初詣と初売りで新潟市へ 2016.1.2 | トップページ | 遅れてやってきた冬将軍 2016.1.16 »