« きのこキャンプin 笹ヶ峰 2015.10.31 | トップページ | 和島トゥールモンドへ 2015.11.7 »

2015.11.04

金倉山 2015.11.4

里山が心地良い季節になりました。
A茜色の空と黄昏る米山、そして柏崎市街地。素晴らしい光景。

 今日は朝から文句無しの晴天。明日も晴れ予報で2日続けての好天はこれからの時期、貴重になってくるだろう。職場で昼食時、この山の話題が上がった。なんでも気軽にアクセスできる割りに頂上部から見る景色は標高からは想像できないくらいの絶景だとか。ならば行くしかない。即決断、即行動で行ってきました。

B晩秋の散歩道。踏みしめる落ち葉の音が心地よい。

 金倉山は八石山のお隣、長岡市との境の小さな山塊。標高は356mだが、市を分ける稜線だけあって山中の所々から、また山中を走る林道から見る光景は素晴らしいものがある。入山はいたる所から可能だが私は北条から小千谷に抜ける最初のトンネル手前から入った。狭い林道を八石線まで上がる。何処からでも山道に入ることができるのがポイント。適当な所に車を停めて15分ほど歩いたところで見晴し山荘と言う避難小屋に着く。ここからの柏崎市街、米山は絶景だ。

C見晴山荘と背後に金倉山山頂。

D山頂にある金倉神社。

 この見晴山荘から少し登れば金倉山山頂。山頂には金倉神社があり、山岳同定の表示板もある。が、この表示板を設置して年月が経っているのか、周囲の木々が成長してここ山頂からは木々の間から景色を望むだけ。八石林道まで降りると遠く飯豊山から粟ヶ岳、越後三山や谷川、苗場まで展望することができる。よくぞここに林道を通してくれたと言った感じである。因みに八石林道は殆どが舗装されており、車止めに広くなっている所もあるので安心して撮影ができる。

E三条の粟ヶ岳。遠くに見える雪をかぶった山は飯豊山。

F平日夕方の山中にたった一人。秋はそれもまたよし。

G左が守門岳。右は浅草岳。非常によく見えた。

H堂々たる越後三山である。右端が八海山だ。

Iこちらは巨大な巻機山。

Jこれは日本海に浮かぶ佐渡ヶ島。佐渡の山々も良く見えました。

K左が平標山と仙ノ倉山、右が苗場山。

L巻機山から続く谷川連山。林道からのパノラマは素晴らしいものがある。

 さて、暗くなる前に山から降りなければならず、帰りは広田鉱泉方面に降りたが、この道は途中から悪路になり少し後悔。遠くても直進する塚山峠方面の道が安心できるかもしれない。私は集落まで降りた後、方向も分からなくなり、適当に進んだら湯元館と言う旅館に出た。ここは行き止まりだったので、引き返す。暗くなってきた事もあり、正直余り気分の良い所ではなかった。民家が集まっている所を不安になりながら進むと県道72号、越後広田駅付近に出てホッとした。ここからは道なりに進むと北条である。

M一日の終わりを告げる夕暮れ。ただただ感動の連続。米山最高だ。

 金倉山は展望の利く良い山である。歩きたい距離と時間を自分自身で調整できるのが良い。そしてなによりあの眺望。見晴山荘から見る米山と柏崎市街地、これを見るだけでもここへ来る価値があると思います。

|

« きのこキャンプin 笹ヶ峰 2015.10.31 | トップページ | 和島トゥールモンドへ 2015.11.7 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きのこキャンプin 笹ヶ峰 2015.10.31 | トップページ | 和島トゥールモンドへ 2015.11.7 »