« 米山 2015.9.21 | トップページ | 栗駒山の紅葉 2015.9.29 »

2015.09.22

苗場山 2015.9.22

本日は完璧に秋晴れが期待できるとのこと。ならば行きましょう。
0高層湿原。快晴無風。ここで時間が止まったかのよう。

 候補は岩菅山や巻機山など、いろいろある中で山頂部が広く、かつ長時間ゆっくりできることを考えて苗場山へ。この山は7年ぶりです。前回と同じく秋山郷の小赤沢より。数本ある苗場山への登路では最も短時間で山頂に立てるルート。核心は登山口へのアクセスか…津南からが遠い。国道から3合目登山口まで結構車で上がります。ここから登らせてくれるだけでも有り難い、そう思えるほど山頂部が近い。駐車場はかなり広くてトイレもあります。標高1310mの3合目登山口を歩きだしたのが6時40分。単独です。笹ヶ峰並みの標高なのでさすがに寒い。

A_2木道と池塘は苗場山の象徴である。

B_2いい感じの色に染まっていました。

C_2お隣の志賀高原岩菅山を背景に…こんな休憩テラスが随所にあって快適。

 さすが苗場山、登っている前も後ろもどこかしら人がいる。6合目あたりから斜度も急になってロープや鎖が頻繁に出てくるが途中に水場もあり、問題なく9合目の坪場へ。ここが山頂台地の一角で急に視界が広がって解放感が素晴らしい。基本、ここからは木道が整備されていて山頂まで40分ほどかかるものの、黄金色に染まった草紅葉を見ながら実に楽しいトレッキングが楽しめる。

D_2湯沢方面。燧ヶ岳や日光白根山など、何処までも山が続いていた。

E_2湿度が低く、まさに天国的様相でした。

Fただ…ぼーっと山を見ているだけ。そんな事ができるのが苗場山なのだ。

 今回はかぐら側も見たくて山頂台地の一番北東まで行ってみた。越後三山や燧ヶ岳など新潟越後から上州の山々が大パノラマで望めて、これ見ただけでもここへ来た甲斐があった。山頂近くまで戻ってからテラスに座ってお茶です。解放感ハンパないっす。だんだん人が来てもう座る場所もないくらい混雑してきたけど、それでも居心地は最高でした。いつもの珈琲が味変わった?ってくらい美味しく感じる。そして空が広い!寛ぎと癒し…それが苗場山です。

 下山したら暑いくらい。温泉は一度行ってみたかった小赤沢温泉”楽養館”へ。鉄分で赤茶色したぬるい温泉。ここでのんびりした後、細い道をクネクネ運転して津南へ。これがあるから秘境なんだろうけど、逆にこれで秋山郷に足が遠のいている人もいそう。そんな道です。十日町のうれっこで味噌チャーシューを食べて帰宅です。久々に登った苗場山はあり得ない天気で充実感に満ちた山行でした。

G下山前、場所によっては結構な人口密度に。ま、尾瀬に比べたら…。

H山頂台地の一角、坪場です。左に鳥甲山が見えている。

I楽養館で温泉。渋いです。まるで東北温泉場の佇まいでした。

|

« 米山 2015.9.21 | トップページ | 栗駒山の紅葉 2015.9.29 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米山 2015.9.21 | トップページ | 栗駒山の紅葉 2015.9.29 »