« 志賀高原トレッキング【硯川➝四十八池➝鉢山➝硯川】 2015.7.20 | トップページ | 最北端の離島巡りとトレッキングの旅 2015夏② 2015.8.8~15 »

2015.08.15

最北端の離島巡りとトレッキングの旅 2015夏➀ 2015.8.8~15

お盆の時期に合わせて日本で最も涼しい場所へ旅に行ってきました。
U利尻の海。利尻昆布が見えていました。綺麗です。

 今年の夏の連休は予約などを考えてGW空けから作戦を練っていました。場所はいろいろ悩んだけど、夏らしく一番暑い時期だから、いっそ最北端に行ってしまおうと決定。離島巡りとトレッキングが目的。船と列車の旅です。

旅の概要
8月8日(土):車で新潟港へ。10時30分発新日本海フェリー乗船(泊)。
8月9日(日):早朝小樽着➝札幌経由で稚内まで列車移動。船で礼文島へ。星観荘で宿泊。
8月10日(月):礼文林道少し。香深ブラブラして温泉。星観荘で宿泊。
8月11日(火):礼文岳登山。北のカナリアへ。星観荘で宿泊。
8月12日(水):スコトン岬に行ってから午前中に利尻島へ移動。御崎公園散策。はまだで宿泊。
8月13日(木):利尻山登山。はまだで宿泊。
8月14日(金):1便で利尻島➝稚内へ。レンタカーで千歳➝バスで苫小牧港着。新日本海フェリー乗船(泊)。
8月15日(土):15時30分新潟港着。車で帰宅。

 8月8日(土)新潟港からフェリー乗船。全く揺れもなく快適なクルーズで小樽まで。小樽着は早朝4時半。歩いて小樽築港駅まで。ここから普通列車で札幌に行って、札幌から宗谷1号で稚内へ。特急でも5時間掛かる。これが長かった…。終着の稚内でランチをして午後便で日本最北端の離島礼文島へ。まる2日掛けての移動に疲れ果てて宿の送迎でこれまた礼文最北端のスコトン半島へ。宿は星観荘。ここで3泊お世話になりました。食事も美味しくてご主人も気さくな人。なにより宿のロケーションがいい。館内は男女別の相部屋。大広間で他のお客さんと一緒に食事をする。2食付六千円。
嫁も私も移動疲れがハンパない。この宿、リピーターが凄い。

A長時間移動なのでフェリー内で食事もします。

B早朝小樽に下船。重い荷物を持って歩きます。小樽マリーナ。

C長い列車の旅を経て最北端の稚内へ。終着です。

Dハートランドフェリー。島へはこの船で移動します。

Eスコトン半島にある星観荘。ロケーションが素晴らしい。

F上、夕食。下、朝食。この宿泊料金で内容濃いです。

 8月10日(月)毎日朝晩は20数キロ離れたフェリーターミナルまで宿の送迎があるので、とりあえずこれに乗る。本日の予定は決まっていないけど、とりあえずターミナルで決めようと。残念だが雨が降っている。礼文島のフェリーターミナルと中心街は香深と言う町。ここに温泉もある、食事もできる、行けばなんとかなると思っていたが、雨はすぐに止んだので林道コースに行った。ところがこのコース、想像していたのと違って普通に車が行き来している。それに花もいまいち。だが、初日の移動で溜まっていたストレスは発散できた(笑)。レンジャーハウスの少し先で引き返し、香深に降りた。少し早い昼食だが、海鮮香深で食事。人気店です。いろいろ食べたいものはある中でまずはうに丼でしょう。嫁はどうしてもホッケが食べたいと言うので、ホッケのちゃんちゃん焼に。贅沢にも炉端で目の前で焼いてくれる。

G海鮮香深で美味しい食事をしました。

H店内や生簀。生きているホッケなんて初めて見た。

K_2夕方の祭り。ホタテやうにを食べました。贅沢。

 うに丼もホッケも今まで食べたものとは全く違う美味しさ。うには濃厚。口に入れる前からうにの香りが凄い。値段もそれなりだが、礼文に来たら一度は食べるべきだと思った。食事の後はターミナルで休んで付近をブラブラ散策。最後はうすゆきの湯と言う温泉で寛いだ。そう言えば、昨日稚内で列車を降りてから今まで暑いどころかTシャツでは肌寒いくらいだ。このうすゆきの湯は畳の休憩室があり、ここで昼寝。至福です。16時から島の祭りがありました。宿の送迎は17時20分。これでスコトン半島の星観荘まで戻った。この宿は毎日ミーティングがあり、その日の行動や明日の行動予定を全員で話すことになっている。明日は礼文岳に登ろう。雨でも…島の最高峰は踏んでおかないと。宿の食事がまた良かった。

 8月9日(日)曇り。宿の主人に言って礼文岳登山口で下してもらう。標高490m、往復3時間半ほどの丘のような山だが、どうしても登っておきたかった。濃いガスで何も見えなかったが、とりあえず満足。礼文島は緯度の関係で海の近くに高山植物が咲き乱れる島。森林限界も300m位から始まる特異な地形。礼文岳も柏崎の八石山より低いのに、なんとハイマツが覆い茂っていた。これにはびっくり。山頂の様相はまるでアルプスみたいだった。前日の雨でドロドロの登山道を下ってバスで香深へ。昨日同様、海鮮香深で食事。ワンパターンだが、土地勘もないので仕方ない。私は海鮮フライ定食。嫁は寿司(うにの握り付き)。

I展望のない礼文岳登頂。

J昨日に引き続き、海鮮香深で食事。

 雨は降らないが、日も差さない微妙な天気の中、中途半端な時間につき、行きたかった候補の北のカナリアへ。本当は桃岩コースから辿りたかったが、その時間もなく、タクシーで往復。映画のロケ地で有名ですね。ここから見た利尻富士は本当に美しいとのこと。着いて館内を見学したり写真を撮ったりして1時間半ほどいたらガスっていた海の向こうの利尻富士が見え始めたではないか!少し雲はあるが、山頂部が見えているので、はっきりと山だと分かる。諦めていたはずの利尻富士が見えて満足です。そのままうすゆきの湯で入浴して送迎で宿へ。夕食は陶板焼き。素晴らしい食事でした。

O北のカナリア。ここから見る利尻富士が堪らない。

M本日の夕食。カニも出ました。凄い。

旅の後半はこちらより。

|

« 志賀高原トレッキング【硯川➝四十八池➝鉢山➝硯川】 2015.7.20 | トップページ | 最北端の離島巡りとトレッキングの旅 2015夏② 2015.8.8~15 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております!
盆は北海道だったのですね。
しかも、利尻&礼文!

パッと見、ほとんど食べ物のような…

投稿: たつの | 2015.08.16 21:58

たつのさん、お久しぶりです。
前半は天候悪く、ほとんど屋内の写真しかありません。
礼文に4日も居て利尻富士を見たのはほんの一瞬ですから。

投稿: 吉田 | 2015.08.17 06:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 志賀高原トレッキング【硯川➝四十八池➝鉢山➝硯川】 2015.7.20 | トップページ | 最北端の離島巡りとトレッキングの旅 2015夏② 2015.8.8~15 »