« いつもと変わらない日常 2015.6.29 | トップページ | 志賀高原トレッキング【硯川➝四十八池➝鉢山➝硯川】 2015.7.20 »

2015.07.05

山岳ファーストエイド講習会 2015.7.4~5

 当初の予定通り、立山山麓で夏の講習を受けてきました。
A国立登山研修所前から常願寺川を見下ろします。夏の夕暮れ。

 日本登山医学会認定ファーストエイド講習会後半は上記日程にて冬と同じく立山山麓の国立登山研修所にて行われました。前回冬の講習はこちらより。道路に雪が無い夏は現地までのアクセスも計算できるため、今回は前泊無し。これだけでも疲労が全く違う。初日の4日朝は7時半にセンター着。知った顔が数人いてお久しぶりの挨拶。嬉しくなりますね。夏バージョンなので、夏に起こりうるいろいろな疾患に対する処置を学んで午後は常願寺川まで降りて班ごとにシナリオトレーニングをやりました。この事例に基づいたシナリオが非常に役に立つんです。

Bこれが研修所です。古い建物ですが格安で利用できるらしいです。

 15時にセンターに戻り、さらにアレルギー関連の講習の後、入浴と食事です。時間的余裕があり助かった。ここでも夏を実感。服が濡れる心配がないので、着替えも早い。余裕があるから久しぶりにお隣の立山駅まで散策。夕刻なのでさすがに人も少なかったです。夕食の後は筆記試験、そして個人面談です。そして懇親会、いわゆる飲み会です。これが半端なかった…。出るわ出るわ、酒につまみにワインにビールに。当初は23時終了予定だったのが、幹事黙認の時間無制限延長戦へ。私は限界がきて23時に部屋に戻って落ちた…。後で聞いたら大半の人が2時までいたそう。中には3時過ぎまで飲んでいた人もいたとか。体壊すよね。

C最終日はこのように班ごとに分かれてシナリオトレーニングをしました。

 5日朝は普段通り4時に目が覚めました。最終日なので8時から大量のシナリオトレーニング。夜半まで飲んでいた人は調子悪そう。プログラムにある事例が最高です。よくぞこんな事例を考えたと思える凝った趣向も。それをひとつひとつこなして午前で終了。昼食は弁当でした。13時半から閉会式と修了書授与式。お世話になった大城先生はじめ、多くの講師の先生に挨拶をしてお別れです。やはり医師から受けるファーストエイドと言うことで中身は非常に濃いです。
 この講習、夏から始める方法、夏3日➝冬2日が楽な受け方だと思います。私は今回で必須を全て受講したので一旦これで終了。しかし、まだステップアップがあります。終わりがない世界なんですよね。高いスキルを維持するには受け続けるしかないのです。今回もいろんな人と組ませて頂き、非常に良い勉強をさせて頂きました。お世話になった皆様、先生方に感謝します。

|

« いつもと変わらない日常 2015.6.29 | トップページ | 志賀高原トレッキング【硯川➝四十八池➝鉢山➝硯川】 2015.7.20 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつもと変わらない日常 2015.6.29 | トップページ | 志賀高原トレッキング【硯川➝四十八池➝鉢山➝硯川】 2015.7.20 »