« 早春の鍋倉山 2015.2.28 | トップページ | 本日は妙高警察へ 2015.3.6 »

2015.03.02

前山遭難救助報告 2015.3.2

3月1日に前山で遭難が起こり、本日は現場に出ておりました。
A

 前山から滝沢尾根付近での遭難です。いつものように3団体混成部隊、15人で出動しました。昨夜からの雪は深いところで40cmほど積もっており、前山の登りはそれほど不安定ではないけど、人数が人数なので要警戒です。天候は曇りベースで回復傾向。標高を上げるとかなりガスが取れてきた。期待しながら登り、要救のもとへ。ヘリは天候の関係で現場に到着できず、ロープで搬送することに。各自自分の仕事を決めてスキー隊は道作り、主に消防で搬送、二次災害を出さない最も安全な方法で下山できたと思っています。下山(アカカントップ)は15時半、日没も迫り正直焦りました。長い一日でしたが、振り返るといろんな人に支えられながら最良の形で終わったのかなぁって思っています。
B

|

« 早春の鍋倉山 2015.2.28 | トップページ | 本日は妙高警察へ 2015.3.6 »

妙高山域遭難対策連絡会」カテゴリの記事

コメント

吉田さん、ご苦労様です。日曜日は野沢温泉から赤倉へ遊びに来ていました❗やはり週末ですね。日曜日は悪天候でリフト等も運休していたくらい天候は最悪でしたが❗地獄谷側への滑落、見通しが悪かったか、腐れ雪での操作ミスかですかね。ひょっとしたら、地形の理解不足かもしれませんね。ここ数年,技量不足なのに簡単にバックカントリーに入る人があまりにも多すぎます。いずれにしても、ご苦労様でした。

投稿: TAKU | 2015.03.02 23:11

横山様、前山山頂直下、風で雪が飛ばされてかなりアイシーかつ、テクニカルな斜面だったので、その関係だったのかなと思います。ワンデーツアーとは思えないしっかりした装備で登山届も完璧なパーティーでしたよ。

詳細は次回、牛に聞いて下さい。山岳ツアーのお手本のようなプランでした。
こんなパーティーばかりだったらいいのに…。

投稿: 吉田 | 2015.03.02 23:25

吉田さん、装備しっかりしていましたか。自然相手だと色々と難しいですね❗条件さえ良ければ,というより "悪くなければ"楽しいツアーもほんのわずかな条件の違いで全く違う結果になってしまいますね❗こころしないと❗

投稿: TAKU | 2015.03.02 23:39

遭難はしたけど、最悪の事態にならず、結果オーライってことですね。
明日は我が身…お互い気を付けましょう。

投稿: 吉田 | 2015.03.02 23:51

救助活動お疲れ様でした。その前日わたしも素人連れて
前山入りましたがとても危険な斜面だったので途中で
つぼ脚で下山しました。気象条件で雪の状況はほんとに変化しますね。それが面白いとこでもあるのですが。

投稿: MIYAKEN | 2015.03.08 16:56

MIYAKENさん、前山は近年サイドカントリー化していますが、滝沢尾根の頂上~ブナ林までの間は尾根も細く、意外と危険が潜んでいますね。特に雪面が氷化している時は。
その時々のコンディションに応じて臨機応変に行動したいものですね。

投稿: 吉田 | 2015.03.08 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早春の鍋倉山 2015.2.28 | トップページ | 本日は妙高警察へ 2015.3.6 »