« 花立山 2015.3.21 | トップページ | 容雅山 2015.4.11~12 »

2015.03.28

黒倉山 2015.3.28

誰がこの山にこんな素晴らしい斜面があると想像するだろうか…。
1感動のスロープは延々続くホワイトカーペットのよう。

 関田山脈が続いています。今週は鍋倉山のお隣にある黒倉山へ。登山口は上越市板倉区の柄山。登山口は分かりにくいけど、一応案内表示はあります。除雪終点に数台の駐車スペースがあるので、ここに車を停めて8時20分にスタート。最初っから気温が高く、午後は雪崩リスクが高くなることを想定。いつも地図上、林道横の池から尾根に入り、南肩を経て山頂が定番なのだが、今回は黒倉山頂直下の滑る”く”の字形雪渓の斜面上部から北側台地に上がり、尾根伝いに山頂へ至るルートです。山頂に立つにはこれが最も楽で早い。しかも、登る過程で滑る斜面のインスペできて言うことなし。

7_2GPSのログですが、どうやら下山途中で電池が切れたようです。
でも今回は登りも下りも殆ど同じルートです。これが最も楽。

2この看板、右に行けばヨシ八池、左に行けば光ヶ原。本日は左へ。

3すぐに林道が左に直角に折れるのでその沢の左岸を登る。

4快適な登り。

5やがて目的の大斜面へ。ここでまずは一回目の感動。

 登り始めて暫くは退屈な林道が続く。前方に目指す黒倉山が見えるので、斜面の状態、雪面の亀裂などを観察。林道分枝の看板を光ヶ原方面の左に曲がる。この後、すぐに林道は直角に左に曲がるところが沢になっているので、この沢を右方向へ登る。地図でこの沢は大熊川となっています。雪は大変多いのでほぼ沢どおしに登れるのだが、雪の少ない時は左岸の高台を登ると快適。暫くすると前方が開けて目的の大斜面が見えてくる。これをひたすら登るだけ。何処でも登れる斜面だが、ここがアバランチパスと言うことを肝に銘じておく。北側台地の斜面が安全地帯だが、いっそのこと、早い段階でこの台地に上がってしまえば雪崩の心配から解放される。

6何処を登ってもよいが、左手の台地に上がると安全。

7台地を詰めると急な壁直下に出る。ここはアイゼン。

8稜線に出ると右に黒倉山頂が。

9関田北部のステップソール斜面群。

 山頂直下は何処も急峻、安全上の観点から何処をどう登って滑るかこの段階で決めておくのが望ましい(山頂に上がってしまうと滑降ラインが分かりづらい)。私はこの台地の南端よりの尾根を登った。途中までシールだったが、いよいよ斜度が急になってきたところでアイゼンに変更。雪は凍みており、前爪が心地よく雪面に刺さって短時間で稜線へ。以前は南肩経由でラッセルしながら5時間もかかっって登った山だが、今日は最短記録の2時間半。実に楽だった。因みにアイゼンが無い場合、関田峠方面を回れば少し遠回りだけど、シールのまま簡単に稜線に立てます。
 山頂には人影はなく、暖かいので十分に休憩して展望を楽しんだ。さて、下山だが今日は急な中でも最も安全なルートで登ったつもりなので、下山もそれに沿ったラインで降りる。この山、山頂直下は雪崩滑落に対して厳重警戒が必要。そこを過ぎればまさに夢のような斜面が続く、天国的様相なのだ。

10山頂からは大パノラマが。本日2回目の感動。

12お隣の鍋倉山。いつも人で賑わっています。

13光ヶ原。

14山頂からの妙高・火打。

15さて、下山です。目的の斜面は左奥の斜面。

16春ですね~。

17超ド級の斜面。国道18号から見える”く”の字形雪渓がこれ。

18本日3回目の感動。しつこいようだけど、天国的様相。

19かなり降りてきた。ここもロケーションが良い。。

20滑ってきた斜面を振り返る。

 山頂から登ってきた尾根を滑るが、少しだけクラストしており、転倒しないよう守りの滑り。目的の沢(大熊川源頭)に降りてからは好きなように滑る。急なところさえ過ぎればあとはテレマーク向きの斜面が延々続く。その斜度、斜面の向きや幅、立木の間隔など、この斜面のロケーション全てに感動を覚えることでしょう!妙高山から南葉山を望みながら滑る大斜面は堪えられない。
 黒倉山、私の中ではこの地域の1200mクラスの山では断トツのNO.1!西の粟立山、東の黒倉山と断言できるくらい素晴らしい山です。しかし、不運なことにこの山、登山口が分かりにくく、山自体の情報に乏しいのと隣の鍋倉人気が凄すぎて、入山者はいつも非常に少ない。よって登山口で長岡ナンバーの車以外は見たことがない。もっと滑られてよい山だと思っています。

 現状、雪は非常に豊富で沢はほぼ埋まっていることから、あと2~3週は快適に滑ることができるかと思っています。笹ヶ峰林道の開通予定までちょうどあと3週間、杉の原ゲレンデが今月で営業終了し、意外と山の選択に困るこの時期に一度、天国的様相を味わってみてはいかがでしょうか。

21雪玉大きいです。春の象徴。

22林道から振り返る。

23麓の村内から振り返る。

24久しぶりにやすらぎ荘へ。山の汗を流しました。

|

« 花立山 2015.3.21 | トップページ | 容雅山 2015.4.11~12 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花立山 2015.3.21 | トップページ | 容雅山 2015.4.11~12 »