« 勉強会…一期一会(航空隊の皆様と) 2015.3.19 | トップページ | 黒倉山 2015.3.28 »

2015.03.21

花立山 2015.3.21

ステップソールで旅する関田山脈第一弾です。
A花立山山頂付近より鍋倉山方面。

 山名・地名にはその土地の人が命名して根付いたものも多く、矢代の中野岳や関田山脈の花立山などがその一例。最近では乙妻山のお隣りの山を中妻山と呼称することもある。鍋倉山の西の谷もそう。分かりやすく定着すればそれでいいと思います。今回、登った花立山は関田山脈の牧峠と宇津俣峠の間にある標高1069mの山。地形図に山名の表記はなし。花立山とはいかにも綺麗な山名ではないか。標高こそ低いが、その山容の白さから千曲川辺りから遠望してもすぐに同定できるほど。因みに上越側の板倉から見ると全く目立たぬ山容でどれが花立山?って感じで山脈の西と東でこうも見え方が違うのだ。

B森の家。近年では珍しい大型の設備。

C森の家から花立山が展望できる。

 この山周辺は鍋倉同様、大変な積雪量とブナに覆われており、東面は比較的藪の多い急な尾根で形成されているのだが、その北面と南面は真っ白なロケーション抜群の斜面がある。山の標高や元々のスペックがそんなに高くないので、滑降標高差はしれているが、この周辺の中にあって群を抜くロケーションなのは間違いない。静かな山に浸りたい。それも単純に山頂往復だけではなく、あちこちうろうろしながら彷徨うために花立山はうってつけ。今回は春本番の陽気の中、ステップソールの機動力を生かして、その周辺散策と北面滑降を目的に単独で訪れてみた。ステップソールで旅する関田山脈である。

D田園地帯に行くとまずはその規模の大きさに圧倒。

E尾根は非常に登りやすく、安心できた。

F稜線から望む鍋倉山方面。良い眺めである。
右の雪の剥がれている場所が牧峠。車道が通っています。

G鍋倉山と黒倉山。この角度から見ると足して一つの山みたい。

H非常に広い山頂部。

I関田山脈北部の山。左の変わった形の山が菱ヶ岳

 快晴の土曜日なのに、鍋倉森の家はひっそり。お隣りの鍋倉山や妙高三田原辺りは凄い人だったことでしょう。森の家のスタッフと立話しが長引いて9時20分スタート。快晴。向かって左の尾根から上がる。上部の地形が不確定だったが、一度も下ることなく、綺麗に登り上げる尾根で気持ちよく、1時間半で花立山山頂へ。山頂は広く、展望も良いことから休憩適地である。この辺りから鍋倉山を見るといつも思う。鍋倉山と黒倉山って合わせて一つの山で良かったんじゃないかって。お互いが近すぎるし、関田の中心にあって最高峰のこの山々に鍋倉山と西鍋倉山(黒倉山)と名付けてほしかったな。線路で言うスイッチバックを果たすこの両山はいつも人で賑わう。確かにアクセスとポテンシャルの高さは他では味わえない魅力。

J山頂からドロップ。

Kブナの森を緩く登ったら。

L花立山の北面です。カール状の地形で非常に開放感のある斜面。

Mメローな斜面が堪らない。静けさ…これがポイント高いです。

N良さそうな斜面を繋いで下る。雪が多く、どこでも滑ることが可能。

O第二ステージも癒し。時間が止まったかのよう。

Pこの周辺、可能性無限ですね。ステップソール楽しい!

 さて、花立山山頂から北の谷に降りて少し登ってから北面カールへ。この山にこの規模か?ってほど不釣り合いな大きなカールである。木々も少なく、滑ってとても気持ちの良い斜面。フラットソールだといろいろ帰りのことも気にするが、今回は多少の寄り道も可能なステップソールなので、地形把握も兼ねてうろうろしてみた。テレマーク向きの緩い東面に出てからは野沢を正面に見ながらのクルージング。桁外れに広大な田園を流す。これだけで日頃のストレス発散には十分。森の家で下山報告してから里わでカレー。産直でリンゴなどを買ってから上越ウエストへ。しかし、春は機動力ですね。ダウンヒルも好きだけど、ヒールフリーをいかんなく発揮するには、こんなツアーも楽しいですよね~。

Q野沢を前にまったりとクルージング。ポカポカ。

Rこの頃、放心状態。まるで雪の砂漠。

S

T創造性と行動力、この2点がないと鍋倉山から脱却できないと思います。
近くにこんな素晴らしい斜面があるのに…。ネットの威力って…。

Uモービルのトレースを利用して高速下山。

V道の駅は激混み。新幹線の二次的効果で知名度アップの影響か?

7

|

« 勉強会…一期一会(航空隊の皆様と) 2015.3.19 | トップページ | 黒倉山 2015.3.28 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

いつも興味深く拝見させて頂いてます。
本日、私も花立山でバックカントリーを楽しんで来ました!
あのカールは里山とは思えない景色ですよね。
カールの中はいろいろライン取りができて楽しかったです。
ほかにも気になる斜面がたくさんありますね。

投稿: アルクマ | 2015.03.21 22:57

アルクマ様、はじめまして。
2名ほどのトレースは見ましたが、同じ花立山でしたか。
奥の深い山域だとは思っていましたが、本日改めて実感しました。
あの広大な北斜面は関田の中でも地形的に特異だと思います。
春らしくなってきたので、またいずれ訪れるつもりです。
コメント有難うございました。

投稿: 吉田 | 2015.03.22 00:27

昨日も野沢温泉からツアーしていました。こちらから見ると開田山地が一望できます。新潟県側に比べると長野県側の方がツアーに適した斜面が多いような気がします。これからはステップソールに最適な時期ですね!

投稿: TAKU | 2015.03.22 07:35

横山様、ご苦労様です。
土曜日はお互いが千曲川を隔てて向き合っていたようですね。
野沢のゴンドラから見ると関田山脈中央部が一望できます。
スキー向き、それもステップソールに適した斜面がたくさんありますよね。

投稿: 吉田 | 2015.03.22 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勉強会…一期一会(航空隊の皆様と) 2015.3.19 | トップページ | 黒倉山 2015.3.28 »