« 勉強会…一期一会 2015.3.12 | トップページ | 勉強会…一期一会(航空隊の皆様と) 2015.3.19 »

2015.03.15

鍋倉山 三郷ルート 2015.3.15

予報がアテにならない時期ですが、ドンピシャで晴れを当てて鍋倉山へ。
A西の沢の解放感は春の鍋倉の象徴。

 3月の大量降雪も落ち着いて今週末もはっきりしない天気。本来は土曜日にこの鍋倉ツアーでしたが、雪を取るか、ロケーションを取るかで悩んだ末にロケーション重視で日曜日に。またすぐに西から崩れる予報ですが、高気圧の中心に当たって夕方まで晴れ確定。今回は3人パーティー。嫁とEnokidaさんです。久々に三郷ルートの予定で三郷447地点にて待ち合わせ。除雪車の迂回場所になっているので、ここだけ車道が広くなっています。1台デポして温井へ。過去最高の人出の中、8時45分スタート。何処を見ても人でいっぱい。鍋倉山に春がやってきました!

Bとにかく日差しにパワーがありました。風もなく暑いくらい。

C明るい空を見上げながらの登りはテンションが上がります。

D西の沢右岸、非常に登りやすい斜度がコルまで続く。

E同じく。雪はすでに重い。

 私、登りは殆ど東尾根が多いのですが、今回は西の沢から。ここ、やっぱり楽ですね。緩い区間が長いから、そう感じるのでしょう。いつの間にか黒倉コルへ。文句なしの快晴。これ以上何を望むってほどの天気です。山頂にも多くの人が休憩していたけど、東尾根の少し下りたところで滑降準備。予定通り、三郷ルートを降りることに。単調になりがちな鍋倉において終始変化に富んだ標高差のある豪快なルートです。
 
 温井下山に飽きた人に是非行ってほしい鍋倉再発見の旅ルートがこれ。重い春の雪を滑ります。ブナの間を縫ってどんどん落ちる。コル直前で嫁から「足を捻った」と無線が。板を外して休むよう指示して合流。痛いけど、なんとか下山可能とのことでゆるゆると下山。途中でEnokidaさんには先に帰って頂きました。

Fブナに付いている雪塊の大きさでも春を実感。

G果てしなきブナの回廊。生命が若返る源。

H三郷ルートは右手に沢を意識する。落ち込み場所があるので注意。

P右手に見える沢は深く、時折崖になっている。入らないこと。

O峠から板を履いたまま、歩いたり、緩く登ったりする。シール不要です。
振り返ると山頂から滑ってきたルートが分かる。ここまでツリーラン、ここからはオープンバーンだ。

Rこのルートのハイライトって感じの斜面ですね~。台地と赤丸印の小屋を目指す。
小屋の右手下から沢に入って林道を下る。
林道は電柱が立っているので、ルートは分かりやすい。

J飯山は野菜とスィーツが有名。やっぱりここへ。

 この時期の重いパウダーは扱いを誤ると本当に怖いので注意が必要。下山したらやたらお腹が減るので、やっぱり里わへ。時間が遅かったことで、ランチは終了。里わカレーを2人で食べて帰宅。暖かい春の日差しは夕方まで続きました。雪多いですね~。

 今年は雪量豊富なことから三郷ルートがナイスコンディションです。特にP895から下、尾根が盛り上がって太くなっていることから、素晴らしい滑降が楽しめます。尾根の南(戸狩側)の大きな斜面もオススメ。小屋下の沢も残雪豊富で水流無し、全面スノーブリッジでした。なお、このルートは集落に降りるまでシールを貼っての登り返しはありません。
12002013年2月9日撮影、山頂からP895尾根の写真。

Gps以前取ったGPSログです。

|

« 勉強会…一期一会 2015.3.12 | トップページ | 勉強会…一期一会(航空隊の皆様と) 2015.3.19 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

奥さん、大丈夫ですか?この時期、(ザラメ雪になる前の)悪雪に足を取られますよね!特にテレマークは足への負担も大きいですし。

投稿: TAKU | 2015.03.17 09:46

横山様、ご心配有難うございます。
嫁、踝を負傷したのは捻挫と思っていたら骨折でした。
プラブーツがギプス代わりになっていたようで、医者に行くまで分からなかったです。
お互い気を付けましょう。

投稿: 吉田 | 2015.03.17 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勉強会…一期一会 2015.3.12 | トップページ | 勉強会…一期一会(航空隊の皆様と) 2015.3.19 »