« 深呼吸 2015.2.25 | トップページ | 前山遭難救助報告 2015.3.2 »

2015.02.28

早春の鍋倉山 2015.2.28

鍋倉山の魅力…大量の積雪、太いブナの木、雪の華、360度の大展望、選べる下山コースなど。他、数え上げたらキリがない。およそ欠点の見当たらない山。
8ここへ来るとブナの生命力で体が浄化される気がする。

1朝は比較的どんより。

 またしても行ってきました。今期はあと2回くらい行くかもしれません(笑)。欠点のない山って飽きないですね。季節はさらに進み、雪のラインは少し下がったようですが、もともとの積雪量が尋常ではないので、長いシーズンになりそうです。昨日、降った雪はたいした量ではなく、10~15cmほどです。なので、登る人全員が縦一列になっているけど、基本的に何処でも歩けますよ。週末が近づくにつれて晴天率が上がったこともあり、温井は結構な人出。感覚的に30人はいました。で、今回はスノーモービルもたくさん。鍋倉山の山頂まで登って来ていましたね。

2雪の華の回廊。

3
4
5
6
7
9こんな綺麗な山、他にあるでしょうか。

10_2天国的様相。

 いろんな人がいましたが、雪の条件も良く、上部は雪の華も満開で見応えのある鍋倉山でした。しかも、山頂は無風。妙高方面はガスで展望が利かなかったけど、暖かい山頂は本当に居心地が良かったです。現に他の人達も雪の上に座ってランチをしているほど。私はランチは下山してからと決めていたので、それに合わせて滑降です。重いパウダーの割りに走る雪でどんどん落ちます。実に快感。麓は日差しも強くて暖かい、そんな4月を思わせる陽気の鍋倉山ツアーでした。

11さて、山頂です。

12光ヶ原をズーム。

13これは上越側の黒倉山と高田平野。

14関田山脈北部と雪の華。山頂直下は派手に咲いています。

15下山。ポカポカです。

16ここばっか。

17特に野菜が美味しい。

 撤収後は里わでランチ。いつものことですね。その後は野沢温泉には行かずに遭対連の仕事で妙高高原へ。会長宅➝事務局と立ち寄って黄昏る新柿線で山から海へ。車も多く、外出する人の多さが季節の進行を物語っています。明日から3月、そろそろ行きたい山を絞る時期になってきましたが、その前に遭対連関係で幾つかやらねばならぬ事もあり、暫く慌ただしい日々が続きます。そして雪。雪温が上がってきました。次回からワックスを3番に変えなければならなくなりました。あれもこれも…いろいろと、12月同様、3月って意外と忙しいんですよね~。

|

« 深呼吸 2015.2.25 | トップページ | 前山遭難救助報告 2015.3.2 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

野沢からも中々鍋倉は見えませんでしたが昼過ぎにようやく見えました。それにしてもスノーモービル、なんとかならないものですかね❗●マハ、●ワサキ、とか製造メーカーもただ売れば良い、ということではなく、もう少し、マナー、文化を育てる努力をすべきですね❗

投稿: TAKU | 2015.03.01 22:04

横山様、野沢ご苦労様です。
この時期になるとスノーモービルの話題が出ますね。
うまく共存できればいいのですが、難しいですよね。
しかし、今回は多かったですよ。音が凄かったです。

投稿: 吉田 | 2015.03.01 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深呼吸 2015.2.25 | トップページ | 前山遭難救助報告 2015.3.2 »