« 赤倉山 2015.2.11 | トップページ | 白鳥山 2015.2.21 »

2015.02.15

鍋倉山 2015.2.14

大荒れの天候なので、樹林ベースで遊べる山へ。しかし殆ど樹林に入れず…。
1視界が悪いです。常に撤退の意思を持って。

 予報がだんだん悪くなり、結局週末は悪天候。樹林ベースで考えたが、ローテーション的に鍋倉へ。温井に着くとこんなに天気が悪いのに、車が8台ほど。出発して、すぐに雪割れに気付いて今日の不安定さを認識。加えて時折吹雪く空模様を考えて嫁に「今日はどう考えても山頂には届かない」と伝える。田茂木池のほとりを歩いている時に、下山してくるパーティーあり。どうやら上部はかなり雪の安定が悪いらしい。それを聞いてシールを剥がして即下山する人達も。

2歩きだしてすぐの水路辺り。もう屈まないと電線に触れてしまいます。

3小屋の冬季入口。ここまで雪が来ているのは初めて見た。

5時々、関田の稜線が見えては消える。

6小枝が出ているだけで平衡感覚が保て雪酔い防止になります。


7緩いのをいいことに飛ばす嫁。

8さすがにこの日はしっとりと良い雪でした。

 鍋倉山は山頂だけが魅力ではありません。もっと言うと滑る以外にもたくさん楽しみのある山。さきほどの下山パーティーのアドバイスは素直に参考にさせて頂き、東尾根を避けて夏の車道の台地へ。西の沢駐車場辺りまで来ると上部に3人が登っていた。ブナの間から見えるその高さから、もう稜線の真上に届きそう。雪の安定性は人それぞれ評価が違う。ただ、リスクは自分たちで背負わなければいけない。で、我々は雪の安定性云々よりも吹雪模様の状況に辟易して下山準備。緩い台地だけをのんびりと流して小屋前まで。これからまだ登ってくる人もいたので謙虚に「雪の状況を確認したほうが良いかと思いますよ」とだけ伝えた。

 温井に下山してから里わへ。ランチを食べて産直でエノキとナメコを買った。飯山のエノキは絶品だと思います。その後はワンパターンの野沢温泉へ。帰りも雪降りだけど、視界があったので、鍋倉山の全景が見渡せた。同じ日に長野で雪崩遭難有り。13日から降り続いた大雪は安定性悪いですね。どんな行動を取るか、一歩立ち止まり、冷静に考えたほうが良いかもしれません。

9シーズン中、何度ここに来ているんだろう(笑)。

10同じくここも。良いものはあえて変える必要がないです。

|

« 赤倉山 2015.2.11 | トップページ | 白鳥山 2015.2.21 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

横山です。14日は、会社の先輩達と野沢温泉(嫁さんは留守番)。14日はゲレンデも風強く、視界が悪かったです。ひとりテレマークなので、疲れて早く下山、温泉へ。横落は、定宿のすぐ近く。いつも横落へ行きますが、この日は十王堂へ。横落へ行ったらお会いできたかも。我が家では野沢に泊まるときには鍋倉への行きますが、もっとお手軽な野沢温泉から隣の七曲の旧スキー場跡へのツアーをよくします。ゴンドラで上がり、登りはほとんどなし、滑走2時間です。弱点はバスが12時半しかないのでこれに間に合わないと地獄!
今週末は妙高です。

投稿: taku | 2015.02.17 17:05

横山様、ご苦労様です。
今回は早めの撤退なので、横落には13時過ぎに行ったかと思います。
野沢は時間の流れがゆったりしていていいですよね~。
そろそろ季節の変わり目でしょうか。風の吹き方も変わってきたようです。

投稿: 吉田 | 2015.02.17 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤倉山 2015.2.11 | トップページ | 白鳥山 2015.2.21 »