« 帰省と名古屋グルメ紀行…2014年末編 | トップページ | 鍋倉山 2015.1.11 »

2015.01.10

下権現堂山 2015.1.10

やっぱり山っていいなぁ。
Aゲレンデ中間部より。まずは正面の峠を目指す。

 身の回りでいろいろな事が起こり、少し雪山から遠ざかっておりました。本日よりボチボチ復帰です。約40日ぶりに雪の上に立ったのはいいけど、果たしてまともに登ったり滑ったりできるのだろうか。そんな不安を抱きながら木の芽沢さんに連絡し、目指したのは中越の下権現堂山。場所は魚沼の真ん中辺り、入広瀬と小出の間にある山です。
 本日が今期山スキー1日目で、しかも板も新しく変わったので色んな意味で慎重に。スタートは閉鎖されたアクシオムスキー場。スキー場の中を登って下る、いわゆるアライマウンテンの中越版。ゲレンデトップから本当の山頂は登り返しや距離もあることから、スキー対象の行動としてはやはりゲレンデトップで折り返しが妥当だろう。

B私です。いかに急か分かりますね~。

Cいよいよゲレンデトップへ。雪崩も警戒しました。

D最後に緩いクルージングを経てピークへ。

Eしかし、ここで視界が…この後、天候が急変した。

 ゲレンデと言っても踏んであるわけではないので、ところどころ穴だらけ。こんなに雪の多い年でさえこれだから、少雪の年やシーズン後半はかなり苦労することが分かる。ゲレンデ内を登行すると上部に行くほど急。かなり急です。展望は良い山で雪予報なのに今のところ視界も良いので、快適な登りだった。

F横殴りの雪の中、記念撮影。

 最後のリフトを越えてピークに達する頃にガスが沸いては消えて、ついには視界を閉ざされることに…。しかも横殴りの雪が強風を伴って襲ってきた。予報通りになったというわけです。そんな快適ではない状況の中、視界が開けるのを15分は待ったでしょうか、ついにしびれを切らして滑降開始。
 一面雪の世界でガスに巻かれているので、木の芽沢さんも私も雪酔い状態。滑っているのか停止しているのか分からない状態。これで急斜面に入ると極めて危険。しかも風の当たる尾根の雪屁が崩れるハプニングもあって、恐怖のどん底に。こんな時は樹林に入るのがベター。二人で協議の結果、峠から先はしばらく林道を下ることになった。途中から正面の斜面に入った。これだけ下ると風もなく随分と穏やか。視界があるのが全て、深い雪の中、雄叫びを上げながらパウダーを満喫。

Gまずは無事に下山です。

H長岡に帰ってきてラーメンで温まりました。

 急斜面がメインのゲレンデだけに足慣らしにはもってこいの山。帰りは長岡のあおきやでチャーシューメンを食べて木の芽沢さん宅へ。同じ分野の仕事をしている先輩なので、いろいろなお話しを聞きながらお茶を頂いて解散。初の山でドキドキはあったけど、またひとつ良い山を知ることができて充実した休日でした。
 なお、木の芽沢さん作成のツアー動画はこちらより。

|

« 帰省と名古屋グルメ紀行…2014年末編 | トップページ | 鍋倉山 2015.1.11 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰省と名古屋グルメ紀行…2014年末編 | トップページ | 鍋倉山 2015.1.11 »