« いつか来る終焉 2014.12.4 | トップページ | 妙高遭対連 総会 2014.12.7 »

2014.12.06

志賀高原スキー場 2014.12.6

今期2日目も志賀高原へ。いろいろ調べたけど、ここしかなかった…。
A高天原スキー場です。ちょっとコンパクトすぎますね。

 雪の降り方が少し遅れている関係で野沢などのゲレンデもオープン延期。金曜日はまとまって降りましたが、山より里雪でした。本日土曜朝6時半に自宅を出て野尻湖に着いたのは9時半。路面状況が悪く、また道路の真ん中でチェーン装着しているトラックなどの影響でまともに進まない。中郷~妙高高原が事故で通行止めで、ようやく高速に乗ったのは信濃町から。志賀高原まで何時間かかるの?って愚痴りながら着いたのは10時45分でした。4時間以上…新潟にいてこれではさすがに辛いです。高天原でスキー場開きに参加しつつ、リフトを数本回すも距離と斜度に満足がいかなくて、一の瀬に移動。スキー場開きではいろいろな振る舞いがあったけど、我々が頂いたのはあんこの餅だけ。これが凄く美味しかったです。おかわりしたくなったほど。

Bこちらは一の瀬。斜度も距離も満足です。楽しいコンディションでした。

 一の瀬に移動してからですが、ここは斜度があります。雪面はボコボコだけど、そこは志賀高原、非常にキメの細かいパウダーが被っていて、デリケートなエッジ操作で楽しく滑ることができます。12月上旬とはいえ、標高の高さからくる冷えが堪らなくなり、時折レストハウスに逃げて蕎麦などを食べました。雪がたくさん降っています。2週間前に訪れた熊の湯の様相とは別次元。早々と全面滑走可能になりそうな勢いですね。

C寒さが堪えるので、途中で蕎麦を。

 結局、午後からかなり滑り込んで嫁も完全燃焼。15時半で終了。お風呂は上林温泉で入って、帰りは中野➝新井間を高速移動して新井文ざでまたしても蕎麦。高速も新柿線もチェーンによる路面ボコボコでかなり厳しい路面コンディションでした。冬の新柿線恐るべしです。8号はもう雨に変わっていて山深い志賀高原と海沿いとの気象の差を体感しました。雪の状況もあり、志賀高原は前回以上に遠かったです。今日野沢を逃したのは大きかった(笑)。でも一の瀬でガッツリ滑り込んだお陰で良い状態をイメージすることが出来て、その得た収穫は大きかったですね。

D夕飯は新井の文ざでまた蕎麦。

 5日金曜日から本格的な降雪で、また雪深い妙高の人も初雪かきとなり、少々パニックになっていた感じがあります。とにかく事故が多かった。シーズン初期は除雪隊の動きもつかめないことから、大移動するのは結構大変ですね。夜は新井がいい降りしてました。あの降り方が懐かしいです。

|

« いつか来る終焉 2014.12.4 | トップページ | 妙高遭対連 総会 2014.12.7 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつか来る終焉 2014.12.4 | トップページ | 妙高遭対連 総会 2014.12.7 »