« 臨時役員会議 2014.11.23 | トップページ | いつか来る終焉 2014.12.4 »

2014.11.30

江口だんごを訪ねて…温故知新

 12月7日の妙高遭対連総会まで残り1週間となり、準備もいよいよ佳境を迎えつつ山で言うところの9合目を越えました。ピークまであと少し…もう少し。
A

 好きでやっていることとは言え、寝不足の日が多くなり少々辛いです…。総会開催にあたり、後はその日を待つのみ…と言いたいところですが、本日で11月は終わり。出席者を〆てファイルを製本しなければなりません。それは明日以降の平日にやることになりますが、なにがなんでも木曜日には終わらせたいです。なぜなら12月6日(土)は野沢のオープン日。野沢は大好きなゲレンデなのでアフタースキーの温泉も兼ねて絶対に行きたい!

 そして、先日行った熊の湯の初滑り、いまいち板の走りが悪かったので、野沢に向けてワックスも念入りにしておくべく、HIKE WAXの2番を2回入れて滑走ワックスも仕込んでおきます。それを見越して本日はひとり長岡へ。主な行先は江口だんごとアウトドアショップのパーマークです。パーマークではワックスを購入。ここって結構ウエアも充実しているんですね。スキーコーナー、賑わっていましたし、あちこちでスキー操作のマニアックな話しが聞こえてきました。なんだか嬉しいです。ついにシーズン到来って感じですね~。

C_2本日は長岡の江口だんごに行ってきました。
これは入り口です。すでに”その気”にさせてくれます。

D_2和を今風にアレンジしてあります。

E_2和菓子の見本市のようです。洋菓子もあります。

F_2ストーブがいい味を出していました。

G_2店内の一部。だんご作りの実演もやっています。

H_2裏庭から見た建物。

 もう一方の江口だんごは兼ねてから行きたかった店。リノベーションシリーズ第三弾。本店他支店も数店舗あるようですが、ここはきっちり本店でしょう。8号線沿い、国営越後丘陵公園の近くにあります。長岡と十日町の古民家の太い梁を使った重厚な佇まい。日本建築の素晴らしさを体感できるお店。他、上越から移築した蔵をリノベートしたと言う立派な建築物。この建物を見るだけで圧倒されて言葉が出ない…。京都の太秦映画村の雰囲気を思い出しました。
 店内は軽い食事やお抹茶を頂く喫茶コーナーも充実していて、ゆったりした時間を過ごすことができます。モダンとクラシックの高い次元での融合、まさに温故知新ですよね~。ただ、交通量の多い国道なのに、お店の前にも目立った看板がないのが残念。知らない人は殆ど素通りして行くようです。長岡の帰り、ちょっとお洒落にお茶したい時にはオススメですよ。

I_22階に上がると喫茶スペースがあります。

J_2珈琲を頂いて…。

K_2五色だんごのお抹茶セットも頂きました。

L_2店の入り口ではみたらし団子の焼きたて店頭販売もやっています。

 さて、明日から12月。いきなり冬将軍がやって来るようです。火曜日辺りから平地でも雪が舞うとか…つい先日まで草刈りしていたのに、もうそんな時期なんですね~。12月は上旬から第二のゲレンデオープンラッシュがやってくると同時に体作りもしなければいけません。普段と違った筋肉を使うので、怪我の予防も含めて大事な時期です。寒くなると屋内に閉じ籠りがちで体も固くなります。
 ぎっくり腰が多くなるのもこの時期。なぜなら体の中心部に近い背筋や腹筋は急な寒さに腰を守るように対応できません。腰や肩を守るのであれば、冷えは大敵。血行促進に日頃の柔軟体操がなによりの予防です。ウインタースポーツを楽しみながら、冬でも体をフレッシュな状態にしておきたいもんですね。と言うことで明日以降、帰宅してからひたすら事務仕事…が木曜日まで続きます。体をいたわりながら、あと少し…もう少し。

B_2最近は季節柄、柿を頂く機会が多く、食べても食べても減りません。

|

« 臨時役員会議 2014.11.23 | トップページ | いつか来る終焉 2014.12.4 »

中越を放浪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 臨時役員会議 2014.11.23 | トップページ | いつか来る終焉 2014.12.4 »