« 八石山 2014.9.15 | トップページ | 燧ヶ岳 2014.9.28 »

2014.09.23

坂戸山 2014.9.23

秋ですね~。里山が続いております。本日は六日町の坂戸山へ。
A六日町山麓から見た坂戸山。右背後は金城山。

 豊かな自然が多い湯沢~六日町には大小様々な山が立ち並び、多くの里山の中でも人気があるのが坂戸山です。六日町駅から歩いてアクセスできる関係で電車を利用したハイカーなども多く、短時間で山頂を踏めることと相まって地元では非常に人気の高い山のひとつだと言うことです。いつかは登るつもりでいたけど、本日は予定がなく、天気も良いのでこの機会に登りました。

B駐車場にはこのように分かりやすい地図がある。

 十日町から峠を越えて六日町の町並みが見える場所まで来ると、八海山や金城山などが見えてきます。その中に標高は低いながらも自己主張している坂戸山も見えている。魚野川を越えるとほどなくして登山口へ。土日の駐車場はキャパ不足なのか、若干混み合っています。朝の駐車場は1台去ればそこに1台入っての繰り返し。この山の人気のほどが分かる光景ですね~。駐車場に山の地図があり、メインの登山道は2つ。どちらも登りが80分、下りが60分とのこと。

C

 せっかくなので、登りは城坂コース、下りは薬師尾根で下ることにして、まずは林道を歩きだす。登山口にはトイレと水場があります。林道をしばらく歩くと工事現場の枝道があり、どれが本当の道なのか迷いやすい部分も。しばらく登ると一本杉があり、そこからようやく登山道へ突入。堰堤を越えてから次第に急になってきます。が、道は左右に振って切ってあるため、非常に登りやすい。

Dこんな林道をしばらく歩くと…。

E一本杉からようやく登山道へ。

F道はよく整備されていて非常に歩きやすい。

Gここが桃の木平。山頂は近い。

 桃の木平と言う平坦な場所まで来るとあと一息。背後には八海山が大きいです。45分で着いた山頂広場はそれほどの広さはなく、それでも登った人がすぐ下っての繰り返し。要するにこの山は回転率が速いようで、山頂での会話を聞いていると、今から下ってまた登ると言った2回登る人や、手ぶらで登る人などいろんな人が混在する山だと見た。軽装のトレラン風女子も数人拝見。標高634mはスカイツリーと同じ。

H八海山と高倉山。

I良い色してますね~。秋を実感。

J山頂広場。平坦なところが多く、昼寝するには絶好の場所。

Kすぐお隣の金城山とは意外と尾根続きのようです。

 山頂のお堂の脇に座って蕎麦を食べ、珈琲を飲み、新鮮な山並みを観察。隣の金城山は同じ里山でも遥かに大きく、こちらは登るのに4時間近くかかるらしい。その奥にはわずかながら巻機も確認でき、非常に尖った良い形の飯士山が目立つ辺りは湯沢のゲレンデが立ち並ぶ辺りか。遠くに谷川連峰の稜線も確認できて、低山でも展望の良い山はやはり良いものだ。

L広大な南魚沼の平野部。中央左の尖った山が飯士山ですね。ゲレンデ天国です。

Mさて、下ります。急なので慎重に。

 下りは薬師尾根。ここも急で階段状になっているため、転倒は即重大事故につながる。それでも小走りで下山する人がいて、見ていて余り良い気分ではなかったなぁ。道は広く、緩急変化が付いているため、基本的にこの山は登りも下りも薬師尾根で良いのかなと思いました。下るほどに石仏も増えてきて信仰深い山なのが分かる。危険な箇所もなく、整備もされていて、坂戸城とともにこの山を売り出す役場の意気込みが分かる気がしたし、何より登山道整備に非常に高い予算が使われている事が分かった。

Nところどころ足休めも…非常に歩きやすい道です。

O登山道下部は石仏や鳥居が並びます。信仰の山なんです。

P下山し、魚野川から改めて眺め仰ぐ坂戸山。

 坂戸山…良い山でした。下山すると11時半。六日町インター横のセブンイレブンで買い物をして来た道で十日町へ。カタクリで有名なこの山はやはり旬が春先なのでしょうか。それでもこの時期に登った坂戸山山頂からは黄金色した魚沼の果てしなく広い平野がキラキラと目に眩しく焼き付いて、9月下旬とは言え暖かい日差しの中、ほのぼのとした里山歩きができて、とても楽しい休日となりました。

|

« 八石山 2014.9.15 | トップページ | 燧ヶ岳 2014.9.28 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

坂戸山お疲れ様でした。
今年のGWに登りました。里山というか六日町の町民の山って感じですね。部活で登ってる学生とかもいましたし。山の雰囲気も眺めもスバラシイ山でした。ツツジが多かったので秋の紅葉もいいかもです。

投稿: たつの | 2014.09.24 19:00

たつのさん、お久しぶりです。
勿論、以前のたつのさんのレポも見ましたよ。
安全ですし、トレーニングで登るには丁度良い規模なんでしょうね。
体育会系の人が異常に多かったです。

何故だかもう一度登りたくなる…そんな不思議な魅力ある山だと思いました。

投稿: 吉田 | 2014.09.24 20:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八石山 2014.9.15 | トップページ | 燧ヶ岳 2014.9.28 »