« 柏崎 海の大花火大会 2014.7.26 | トップページ | 夏の峠 2014.8.5 »

2014.08.02

二王子岳 2014.8.2

いよいよ8月に入りました。夏はやっぱり暑くあってほしいものです。
そして冬は自然のままに思いっきり雪が降ってほしいものです。
で、本日は標高1400mほどの下越の山に登ってきました。やっぱり暑かったです…。
A山は巨大です。新潟市内からも目立ちます。

 お盆は新潟県~山形県~福島県に跨る飯豊連峰を縦走するべく計画を進めておりますが、なにぶん初めての山域。その下見ってわけでもないのですが、本日は飯豊連峰の展望台と言われる二王子岳に登ってきました。地形図上では飯豊と繋がっていますが、登山道は離れているので、前衛峰扱いだそうです。地図などで想像するより実際に見てみるとイメージしやすいです。来て良かった。

B山頂稜線に着くまでが実に長い。着いてしまえば池塘あり、お花畑ありで最高です。

 下越なので遠いですし、土地勘もありません。新発田インターを降りてナビ任せで登山口へ。登山口は二王子神社でキャンプ場併設です。登山口にトイレもあり、水も補給できますよ。人気の山らしく多くの車で賑わっていました。最も暑い時期と言うことと、山の標高がそんなに高くない(登山口は標高250mほど)なので山頂以外は快適ではないと分かっていましたが、予想以上に体力を消耗しました。

C山頂からは呆れるくらい巨大なあの飯豊の全容が手に取るように見えます。

 この山、途中から1合目…2合目と標識が立っているのですが、その立ち位置が曖昧。しかも6合目から先は撤去されたのか見かけることがなかった。人間は目で見える情報で自分の残り体力の調整やモチベーションをコントロールしているので、確実でない情報はいりません。加えて実際に山頂は遠いです。登りは3時間半フル、下りはかなりハイペースで下って2時間半。この時期、この暑さを考えたらそれなりに過酷です。水を凍らせたものを首筋に当てたりして熱中症予防に努めながら登りました。ガッツリ登りたい人にはオススメですし、山頂からの飯豊連峰は一見の価値ありです。本当に横一列に見えます。そして、このルートは水場が多いです。これは助かりました。特に山頂に一番近い水場は冷たくて最高に美味しい水でした。

D山頂部は広く、避難小屋もあるので安心。

 下山したら新発田市内のあやめの湯へ。400円でかなり濃い温泉を堪能できます。しかも湯船に浸かりながら先ほど登った二王子岳を眺められる贅沢。そして、車デポの調査で新津駅まで行ってから亀田の好日山荘へ。ここでアルファ米などを購入し、長岡の花火の誘惑を断ち切って帰宅(笑)。疲れました。GW以降、最も体力を消耗した登山でした。しかし、頂上から飯豊を見たらその苦労が報われました。登山は山頂から得られる付加価値…これ重要ですよね。

E登った山を眺めながらの温泉は堪えられません。あやめの湯は400円です。

Gこの手の店に行くといつも物欲との戦いですね。

|

« 柏崎 海の大花火大会 2014.7.26 | トップページ | 夏の峠 2014.8.5 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柏崎 海の大花火大会 2014.7.26 | トップページ | 夏の峠 2014.8.5 »