« 久比岐ネイチャーフォトグラファーズ山岳写真展 2014.6.28 | トップページ | 浅草岳 2014.7.21 »

2014.07.06

八海山 2014.7.6

直前に予報が晴れに変わった日曜日は八海山へ。
A

 梅雨真っ盛りです。降るのは当然くらいのつもりだけど、日曜日は天気が好転するとの事で、魚沼の八海山へ。お隣の阿寺山は登っているのに八海山は未踏。ゴンドラに合わせて自宅を出発。到着するとそれなりの車でゴンドラ乗車。一気に稜線へ。と言ってもここから結構な道のりなのだ。登山道は女人堂から急登をこなして、千本檜小屋へ。ここがいわゆる山頂稜線です。ここから核心部に突入。ビビる嫁。劔のように完璧に整備されていない道は一般向けではなく、このルートの事故のリスクを考えさせられた。高度感のあるトラバースは非常に危険なロケーションでこのまま登山道を開放しているのに疑問だ。ま、地図上では点線扱いになってはいるが、それでも落ちたら終わりって場所が多数あり。
B
C
D
 天候は麓は晴れだが、山の上はガス。一向に消えないガスと危険な岩稜歩きに嫌気がさして釈迦岳から迂回路にて戻ることにする。上記の理由でこのルートにはもう来ないと思う。大日岳方面に行くのであれば新開道で往復かな。2件の小屋でたっぷり休憩しながら14時40分のゴンドラで下山。何故か嫁の調子が絶好調。そのおかげで進行が速い。ゴンドラを下りると麓は暑い!下の売店で温泉リストをもらってさぐり健康温泉に行ってみた。一人340円と格安。ここ3,500円で素泊まりもできるとのこと。泊まることはないかもしれないが、良心的な値段に利用価値は高いと言える。
E_2

|

« 久比岐ネイチャーフォトグラファーズ山岳写真展 2014.6.28 | トップページ | 浅草岳 2014.7.21 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久比岐ネイチャーフォトグラファーズ山岳写真展 2014.6.28 | トップページ | 浅草岳 2014.7.21 »