« 鳥海山ツアー(湯の台ルート) 2014.4.27 | トップページ | 鳥海山動画 2014.5.7 »

2014.05.07

笹ヶ峰キャンプ 2014.5.3~6

GW後半は笹ヶ峰定着でキャンプでした。
0車横付けのキャンプなので非常に快適

 この時期、いろいろ計画はしていたが、4月は頻繁に楽しいツアーに行けたこと、GW前半の鳥海山で腹いっぱいになったことで、もう殆ど滑る気なし。3日からの笹ヶ峰キャンプに合流。ベースを笹ヶ峰に置いて気が向いた場所に出掛けると言うキャンプ主体の形式です。

 5月3日 朝は新井の酒屋で酒を購入し、妙高高原へ。水を汲んでそのまま笹ヶ峰へ移動。意外と雲が多い中、付近はベーステントを設営している人たちが多い。私も一等地を確保してテントを設営開始。午後から築田さんとK池さんが来たので手伝ってもらい宴会場は完成。この時期の笹ヶ峰は天国です。晴れていたら外にテーブルを出して旬の素材などを焼いて食べる。付近には火打へ向かう人や散策する人など、いろいろです。我々は明るいうちからテントに入って宴会です。

1新井で酒購入

2続いて水確保

3リビングシェル内。まさしくリビング!

 5月4日 数人が合流して氷沢クロカン組が出発。私は駅に嫁を向えに行ってから2人でクロカンです。笹ヶ峰は広い。地図に載っていない沢が無数にあり、それらを巻いたり登ったり下ったりしながら乙見ダムへ。水芭蕉の咲く小川の近くで休憩して、また森の中へ。テントに帰ると氷沢組の他、数人が合流して大人数になり、賑やかに。ま、いつものことだけど、出るわ出るわ食材の数々。夕暮れに冷え込んできたからテント内へ。7人や8人は収容できる大きさなのでスノーピークのリビングシェルはすこぶる快適です。

4クロカンで遊び回った後はこれを見て休憩。

5水芭蕉に癒され…

6少し迷いながらキャンプ場に帰還

7本日も明るいうちから始まりました

8あちこちから食材が

9採れたてでフキ味噌作り

10シェル内は夜でも暖かかった

 5月5日 朝食を摂っていたら雨が。予報どおりです。食事後に皆さんとはここでお別れ。私達夫婦だけはもう一泊します。雨は弱いながらも断続的に降っており、体も冷えてきたので温泉に入るために一度杉の沢へ下山。笹ヶ峰に上がると食事後に昼寝。なんとも贅沢な。この日降り続いた雨は結局、日付が変わるまで降っていたようです。

 5月6日 今日は晴れ予報。早朝から火打方面へ向かうと思われる山スキーヤーが数パーティー入山するのを見かけたが、8時までは曇り。それ以降は嘘のように晴れ渡り、テントを乾かしている間に牧場方面でクロカンです。ここは地元のクロカン強化選手の基地になっているようで、邪魔にならないように私達も楽しんできました。この辺りから見る三田原山ははっきりと地形も分かり、外輪山の大きさが分かります。キャンプ場に戻ると日差しでテントも乾いていたので、全て撤収。気温も上がってきたので、下山してから”まつき”のブルーベリーソフトを頂きました。

11晴れました。牧場から見る三田原。

12雪解けが進んでいますが、歩くだけなら問題なし。

13こんなGWも楽しいです

14そして最後はこれ

 4日間の笹ヶ峰キャンプは何処に登ったわけでもないけど、森の中を歩いたり滑ったり美味しいものを食べたりで非常に楽しい時間だった。今までの私にとって笹ヶ峰は登山口だった。しかし、今回は目的地が笹ヶ峰。案外じっくり歩いたことが無かったこともあり、新たな発見が多かった。特にこの時期は広大な森と雪のエリアが広がり、何も決めずにスキーだけ履いて出掛けるのも意外と楽しいと再発見しました。

|

« 鳥海山ツアー(湯の台ルート) 2014.4.27 | トップページ | 鳥海山動画 2014.5.7 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

笹ヶ峰キャンプ、天気にも恵まれて良かったですね!行きたかったのですが帰りの渋滞を考えると躊躇してしまいました。6月の山菜パーティーからかな~‥。それにしても高谷池ヒュッテが満員札止めなのに駐車場空いていましたね!

投稿: TAKU | 2014.05.07 12:44

yokoyama様、ご苦労様です。
 フル装備で行ったのですが、結局一度もシールを張ることなく下山してきました。
目的もなく、ただのんびりするだけ…火打山の登山口だけにやりたくても中々できなかったのが果たせて良かったです。
 
 
 駐車場は広く除雪してありましたね。そのお蔭で我々は快適にキャンプできたわけですが。山菜キャンプは私も参加予定です。また楽しい話しをしましょう。

投稿: 吉田 | 2014.05.07 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥海山ツアー(湯の台ルート) 2014.4.27 | トップページ | 鳥海山動画 2014.5.7 »