« 鳥海山動画 2014.5.7 | トップページ | 2014シーズン総括 »

2014.05.11

笹ヶ峰より高谷池往復 2014.5.11

気持ち的にはシーズンは終了していますが、いろいろやることが残っています。
1意外と雪が繋がっていました。

 本日も個人的な用事でヒュッテまで。鳥海山ツアーと同様で築田さん、K原さんと3人で向かう。雪は笹ヶ峰登山口から一度も切れることなく繋がっていた。この時期、黒沢と涸沢以外で登るとなれば十二曲がりがあるが、いかんせん登行意欲が沸かないので芭蕉谷に向かう。余り知られていないが、この時期であれば最も早く安全に高度を稼げるルートである。しかし、急すぎてシールには向かない。実際、私だけは板を担いで登った。トレースがあったこともあり、非常に楽に登ることができた。登ったところは弥八山分枝点。標高的にはもうヒュッテに来たようなもんだ。

2本当に小雪の年はGWで川が流れていたことを考えると結構多い。

3芭蕉谷です。急すぎて私はスキーで登るのは無理。

4振り返ると戸隠方面の山々が綺麗。

5岳樺と北アルプスが映える。

 富士見平からトラバース。途中で時計を見たら12時15分前。急いでヒュッテに向かう。記念撮影のためである(笑)。築田さんも途中で気づいたらしく、えらく急ぎ足でヒュッテ着。結局撮影には間に合いました。小屋に入って休憩。KANさんとGWの動向や四方山話しをしながらK原さんだけ火打山頂へ向かう。登る気がない私と築田さんは小屋前で待機。これが長かった…。

 2時間後、小屋から下山開始。持ち駒は登りに使った芭蕉谷だけである。ボコボコの芭蕉谷を下って橋を渡る。藪に苦しみながら笹ヶ峰駐車場着。16時でした。晴天に恵まれた週末、山スキーヤーだけで10人くらいは見かけたかな。板外さずに登れるのを知っている人はまだ来るんだよねぇ。上で一泊すればまだまだ美味しい思いができそうな火打界隈でした。

6トラバースから。まだまだ滑れます!

7ヒュッテと火打山。非常に良い天気ですね。

8ボコボコでも行きますよ!

9キレのあるターンはさすが。

10下山は修行でした。

|

« 鳥海山動画 2014.5.7 | トップページ | 2014シーズン総括 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥海山動画 2014.5.7 | トップページ | 2014シーズン総括 »