« 笹ヶ峰より高谷池往復 2014.5.11 | トップページ | 八石山 2014.5.24 »

2014.05.21

2014シーズン総括

2014シーズンを〆ましたので報告します。
30

 最後にあと1回、乗鞍か飯豊もチャンスがあったけど、結果的にはシーズン終了。ツアーとしては鳥海山がシーズンの〆みたいな感じです。今期に関しては時間的余裕もあるなか、とても充実したシーズンとなりました。シーズン当初は絶望的な小雪でしたが、2月から積雪も盛り返して4月に至ってはある所にはあると言った感じでした。自然と言うのは分からんもんです。毎年のことだけど、行きたくて行けなかった場所はあります。天候の都合なので仕方ありませんね。それでも今期は例年にはなく、パーティーに恵まれて終始笑顔の絶えないツアーが多かった印象です。以下はベスト3です。

3位 4月12日守門黒姫ツアー
 現地を知り尽くす木の芽沢さんのプロデュース。急遽決まったツアーとは言え、嫁同行を考えるとルート取りはパーフェクトでした。稜線からのちょっとした斜面がとにかく楽しかった。しかも長い。最初の橋は今季はあり得ない位、楽に通過できたとのこと、次回は覚悟して渡ります。守門とセットのあぶらげもお楽しみのひとつ。本家大岳方面が激混みでもこちらは実に静か。それも好印象に繋がりますね~。

2位 4月23日火打濁俣右俣(右岸ルート)
 この濁俣もかれこれ4年連続で来ています。本宮さん企画と言うことで高谷池泊まり。地元の山のベテランばかりを引き連れてのツアー。何度来ても鬼ヶ城ゴルジュは新鮮でとにかくロケーションが半端ない。土砂が多く、滑走面が無残に傷付いたが、当たり外れがあるのもこのルートの特徴。ポイントはなんと言っても二又から右岸に渡ったこと。火打東面後半に出現する数々の面倒なアトラクション系を全てパスして、板を外さずして林道へ。実に画期的でした。その影響か、下山してもみんな元気。帰りの道中に立ち寄った松が峰の満開サクラが良き〆でしたね。

1位 4月26日鳥海山(鳥越川ルート)
 このルートはネットなどで良く目にしていたし、いつかは…そんな気持ちでいた所、思わぬところでチャンス到来。本音を言うと黒菱ツアーを狙っていたけど、ハンノキ平の状態が余りよろしくなく、急遽こちらに転進したって言うのが本当のところ。チャンスがあれば毎年行きたいルートがまたひとつ加わりました。良い斜面は世にたくさんある中、このルートは登り返しや緊張するような急斜面など一切なし。新山を目指してひたすら登り、ひたすら滑るだけのシンプルなルート。しかし、その谷の規模と周囲のロケーションは一見の価値あり。本当に来て良かった。
 泊りも鳥海高原家族旅行村のツリーハウスが1棟3,240円と安い。3人で行ったから一人1,100円!快適でした。翌日の湯の台ルートも良かったが、鳥越川ルートが良すぎて極めて印象が薄い(笑)。車の運転及びツアーを企画して下さった築田さんには感謝です。

 こうしてみるとベスト3は全て4月。雪も落ち着いて晴天率も上がるこの時期がツアー適期と言うことなんでしょう。空が明るく、板が回しやすくなる4月はチャレンジしたいツアーに望むには絶好の時期。毎年万遍なく回るつもりでいるけど、やはり偏りが出てきてしまう。今年は火打の山頂に立っていません。北面台地や焼山なども行けず。海谷も1度だけ。
 その一方、粟立山は3回、大毛無は2回、また関田山脈の探検系ツアーが3回と個人的欲求を満たすツアーを数多くこなせたのは嬉しい。シーズン後半に至ってはずーっと築田さんと行動していました。4月は怒涛のツアーラッシュに加えて最後の鳥越川ルートが良すぎてGW後半は腑抜状態。ま、結局は回数ではなく中身なんですよね。満足して自分自身の中で完結できるのが一番です。

 因みに妙高山域で起こった遭難事例は2件。どちらも傾向が似ています。私、2件とも現場に出動しましたし、費用請求や報告書作成などもあり、要救助者及びご家族と接しております。「何故そのような行動をとったのか」人間、平常心でいられなくなった時はどう行動するのか予測が付きません。現場で起こりうる心理状態など、ご本人からお話しを伺い、非常に得るものがありました。事故は自分自身が引き起こさないのは勿論ですが、周囲の人間にそうさせない啓蒙活動を続けていきたいと思っております。

 来期はどんなシーズンになるのでしょうか。柏崎ベースなので中越も滑ると思いますが、やはり妙高のどうしようもない重いパウダーが好きですね~。とにもかくにもグリーンシーズンの到来です。怪我なく無事にシーズン終了できたことに感謝、そしてたくさんの支えて下さった方に感謝です。有難うございました。

|

« 笹ヶ峰より高谷池往復 2014.5.11 | トップページ | 八石山 2014.5.24 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

スキー納められたようで、お疲れさまでした。
充実したシーズンだったようですね!
こちらは今週末の乗鞍で納めるつもりです。
ご一緒できる機会が何度かあるかな…と思っていましたが、
なんだかあちこちから予定が入ってしまい、
結局シーズンはじめ一度に終わってしまいました。
来年の話をしたら鬼が笑うかもですが、また是非!

投稿: たつの | 2014.05.21 20:03

私も20日にカラファテ矢野さんグループで尾瀬燧ヶ岳に締めのツアー行ってきました。今年は出遅れて3回しかツアーに行けませんでしたが、おかげさまで最高のツアーを楽しめました。ありがとうございました。来シーズンはどうしようもなく重いパウダーのラッセル、ご一緒しましょう!宜しくです。

投稿: Masa Motomiya | 2014.05.22 07:16

たつのさん、こんばんわ。
総括としてケジメを付けたので気持ち的にはヤレヤレです。
シーズン中、意外とすれ違いが多かったですね。
来期はもっとご一緒できるよう、事前に連絡を取り合いましょう。

投稿: 吉田 | 2014.05.22 18:31

本宮さん、こんばんわ。
20日に尾瀬燧ヶ岳とは結構粘りましたね。

本宮さんとは2回とも快晴で素晴らしいツアーを楽しめました。
特に濁俣は思い出深いツアーとなり、今更ながら有難うございました。
来季は趣向を変えてまた遊びましょう。

投稿: 吉田 | 2014.05.22 18:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笹ヶ峰より高谷池往復 2014.5.11 | トップページ | 八石山 2014.5.24 »