« 関田山脈彷徨(さかえ倶楽部スキー場~野々海池) 2014.4.14 | トップページ | 火打山 濁俣川右俣(右岸ルート) 2014.4.22~23 »

2014.04.19

高谷池ヒュッテ 小屋開け 2014.4.18~19

久々に参加してきました。改めて楽しい、それに尽きると思います。
2雪は多い所は多い。本当に小雪だったのか…疑問である。

 18日の朝、海沿いは結構な振り方。この時期にしては冷たい雨。本音を言うと行きたくなくなるような天候だが、ライブカメラを見ると高谷池は殆ど降ってない模様。それを信じて笹ヶ峰へ。梅雨がないと称される笹ヶ峰でかなり小降りに変わった。さすがの高晴天率。駐車場を見ると知った車が多く、出発したのは8時半。昼には集合となっているので、少しだけ急ぎ足で歩き出すと黒沢に着く頃に最初のパーティーが見えた。沢に下りると踏み固められて相当歩きやすい。そのお蔭かどんどん速度を増して富士見平に着く頃には管理人も抜いて先頭に。ヒュッテに着くと築田さんとsakeyamaさんが先発隊として小屋開け作業を進めてくれていた。

 12時になったので、みんなで小屋で昼食。その最中にE田さんも到着。作業は13時から16時とのこと。なぜか今年はトイレの屋根も完全に埋もれており、除雪作業は捗らない。4人でスノーダンプやショベルを駆使して大汗をかく。普段は触らない固い雪なので腰に悪い。16時、トイレの外出入り口と水場の除雪はほぼ完了し、水もとりあえず出るようになったとのこと。中に入って早速宴会である。

 1階自炊室はストーブで暖かい。仲間や他の人たちと食材を分け合い、実に楽しい宴会が始まる。中でもsakeyamaさんの口の達者加減ときたら…底なしに入ってゆく酒の量に呆れた。笑いの中心はいつもsakeyamaさんでした。発電機を切ってからはランプを灯して談笑。小屋の夜は長い。睡眠不足の人が途中で脱落する中、私も10時過ぎに寝床へ。寒くもなく実に快適な眠りに付くことができた。

4長い間、眠っていたランタンに火が灯る。
誰にも点火できなかったランプに元管理人がいとも簡単に火を灯し小屋の夜は更ける。

 朝は6時起床。急ぐ理由はないので、みんなゆっくりと自炊室で朝食。下山ルートを協議するが、見るからに風も強く斜面は何処も固いであろう。そんな中でも南向きで日当たりの良いサクラ谷で下山決定。下手に他のルートで下りると楽しくないばかりか、危険である。9時のライブカメラで記念撮影をしてから3人で下山。E田さんだけ黒沢経由での下山とのこと。サクラ谷は9時を過ぎても雪は固く、気を抜くと飛ばされる。良い斜面でロケーションも良いのだが。沢を下りながら標高を下げてもなかなか雪は緩まず結局、左岸台地に上がるまで固かった。

5_219日。下山の朝は快晴。しかし、風が強く雪は固い。kanさん、いい笑顔ですな~。

6我々が除雪した小屋裏を改めて見る。手作業を考えたら上出来だ。

7サクラ谷を滑る。雪は固く革靴の2人はとても苦労している。

9広大なサクラ谷①

8広大なサクラ谷②

10広大なサクラ谷③

11素晴らしいロケーションだ。

 サクラ谷は沢穴が多いが、雪は言うほど少なくない。惣兵エ落谷との合流点も雪は豊富。当分の間は大丈夫です。林道に出てからはsakeyamaさんが俄然元気に。私は取り残されてかなり遅れて笹ヶ峰駐車場着。と言ってもブーツを脱いで時計を見たら10時半・・・1時間半かかってない。早かったです。小屋開けはこの時期にしか会わない人も数名いて、基本体力仕事だが、夜の宴会は非常に楽しいイベントでした。

 昨日は寒気が入り、海の近くが寒かった。しかし、高谷池は暖いと上と下が入れ替わる現象。今日も下山したら妙高高原の寒いこと。笹ヶ峰から下はガスが掛かって日差しが無かったこともあり、まるで3月のような気温でした。早く下山したこともあり、帰宅してから嫁とサクラ見物。柏崎は赤坂山公園があるが、行ってみたら見頃を過ぎていたので、海沿いにテーブルを出してお茶してきました。
Sakuradani

|

« 関田山脈彷徨(さかえ倶楽部スキー場~野々海池) 2014.4.14 | トップページ | 火打山 濁俣川右俣(右岸ルート) 2014.4.22~23 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

小屋開け、ご苦労様でした。我々が下っているときに、(多分)地元の山岳会の人達に、こんな時間に下山しているなんて!て説教?されました!もう20回以上、滑っているんですが!
昼からは、千絵ちゃんのお別れ会でした。
また、宜しくおねがいします。本宮さんに宜しく。

投稿: taku | 2014.04.19 20:37

yokoyamaさん、寝不足のなか小屋開けご苦労様でした。
地元の山岳会って…もしかして…ま、言うのはヤメましょう。
久々に固い雪を掘って背中が痛いですが、夜の宴会→特にK出さんの一人漫才が楽しかったですね。GWも一度は上がるつもりでいます。またいろんな情報を教えて下さい。よろしくお願いします。

投稿: 吉田 | 2014.04.20 05:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関田山脈彷徨(さかえ倶楽部スキー場~野々海池) 2014.4.14 | トップページ | 火打山 濁俣川右俣(右岸ルート) 2014.4.22~23 »