« 赤倉山 2014.3.8 | トップページ | 関田山脈彷徨(土倉→牧峠→梨平峠→羽広山) 2014.3.12 »

2014.03.09

黒倉山 2014.3.9

今日も快晴の見込み。よって近所の黒倉山へ。
1途中までは林道を進みます。

 家の窓から見える山です。尾根が細くて登りで苦労する山なので良い登行ルートを探りながらのツアーを目指す。柄山に着くと先客なし。歩き出し8時20分。昨日はこの辺り雪降りだったので、トレースはなし。軽い雪だが30cm近いラッセルはキツイ。加えて今日は単独。ダメなら撤退もありか…。

2光ヶ原への分枝。

3林道脇には沢穴もあり、やはり雪は少ないんでしょうか。

 光ヶ原への林道を左に見てヨシハ池方面へ右折する。緩い登りだが、雪が深くて歩きにくい。電柱がなければ林道とは分からないだろう。最初の池を過ぎた辺りから尾根へ取り付く。ヨシハ池まで行って黒倉南尾根の基部から取り付けば楽なのは分かるが、そこへ辿り着くにはここから下りになってしまう。尾根は途中までは登りやすい。
 が、案の定、やせ尾根になり、雪屁の張り出しもキツく、非常に難儀な登りとなった。支尾根が合わさってからはさすがに登りやすくなったが、ラッセルの疲れが足にくる。ようやく黒倉山の肩に着いたが、驚いたことに、ここにはスノーモービルのトレースが一杯付いていた。先ほどから鳴り響いていたエンジン音の正体はこれだったのか…。ここで自宅の嫁と無線交信してみると普通に繋がって笑った。意外。

4ひとつ目の池を過ぎたら尾根へ。

5尾根は細いです。だんだん難易度が上がってくる。

6肩に到着。実に開放感のある場所。

7妙高火打も良く見えています。

8霧氷ロード。空の青さとのコントラストが眩しい!

 肩は平坦で休憩適地。ここから見る妙高山~矢代の山々は見応えがあります。気温も上がってきて霧氷の雪がボタボタ落ちてきた。空の青さと雪の白さ…コントラストが眩しい。関田山脈らしく雪屁が張り出して稜線づたいは歩きにくいので、時々東側に一段降りて登る。これは急激に落ち込む西面雪崩対策でもある。

9重そう。春の雪なので撓ってます。

10気温も高く、汗が凄い。

11_2黒倉西面越しの光ヶ原。

12ようやく山頂が見えてきた。鍋倉山(右)は賑わっていそう。

13_2こちらは鍋倉山の南面。雪質はともかく良い斜面がたくさんあります。

14ラッセルがきつかった。山頂まで5時間近く。里山とは思えない重労働。

 ラッセルもあり、5時間近くもかかってしまったが、ようやく黒倉山に着いた。で、再び驚いた。なんと鍋倉山の山頂に5台ほどのスノーモービルが走っているではないか。それがこちらに向ってきた。どうやら光ヶ原から上がってきたようだ。黒倉山頂を通りすぎて静かになったので、シールを剥がして準備。
 雪崩・滑落をさけて少し北へ向った先から降りるが、北へ寄りすぎたようで、よりによって一番急な斜面に出る。ターンもキックターンもできない崖状なので、得意の横滑りで少し降りて斜度が落ち着いてからテレマークターン。雪は綺麗なパウダーだった。こんなに良い天気なので、私の貸切で申し訳ない。第二ステージもパウダー。ここはショートターンで降りる。

15上部はかなり急。氷結している箇所もあり、怖かった。

16それを過ぎると天国が。軽いパウダーを保持。

17第2ステージはショートターンで降りる。雪が良いから思いのまま。

 さて、黒倉山の西面を滑るために移動し、時間も遅いので早速滑る。前回同様、半端なく綺麗な一枚バーン。長い、広い、斜度も絶妙。貸切。快晴。雪は少し日を浴びて重くはなっていたが、充分楽しいコンディション。斜面の終わりまで来ると沢が数本入ってくる。ここはとにかく左に左に進路をとる。林道の橋に出たら登りのトレース合流は近い。皮肉にもスノーモービルのトレースがあったので、ここから駐車地までハイスピードでの移動ができた。

18要するに黒倉山ツアーの目的の斜面はここです。
今日のコンディションだったら山頂稜線から滑降できたか…。

19麓から見て”くの字”になっている斜面がココ。

21楽しい部分が非常に長い。天国的様相。

22自然の優美に感謝。有り得ないロケーション。

23_2下山途中から振り返りみた黒倉山。左の沢状地形ですね。

 久々に訪れた黒倉山。鍋倉人気の影になっていることと、アクセスでしょうね。実に静かです。こんな良い斜面、みんな知らないんだろうなぁ。まさに地元民の山って感じです。
Log

|

« 赤倉山 2014.3.8 | トップページ | 関田山脈彷徨(土倉→牧峠→梨平峠→羽広山) 2014.3.12 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

黒倉山よさそうですね~
先週は残念でした
今週も残念かと思ったら、詐欺ですねこの快晴は!
もっと良いとこ行ってればと後悔です

ご一緒したいんですが、休みも体も足りません…
スキーシーズンは

投稿: たつの | 2014.03.09 23:14

たつのさん、こんにちわ。
天候は目まぐるしく変わり、春らしさを実感です。
こちら、週末は予想外のパウダーと晴天に充実したツアーとなりました。

仕事も遊びも忙しいのは良いことです。
これからシーズン後半戦、疲れも出てくる頃ですね。

投稿: 吉田 | 2014.03.10 08:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤倉山 2014.3.8 | トップページ | 関田山脈彷徨(土倉→牧峠→梨平峠→羽広山) 2014.3.12 »