« 粟立山 2014.3.4 | トップページ | 黒倉山 2014.3.9 »

2014.03.08

赤倉山 2014.3.8

昨日の夜からの降雪、3月にしては結構積もりました。
A

 本日の予報は一日降雪でかなり荒れ模様。最初っから赤倉山ツアーと決めていた。しかし、杉の原に着くと意外と陽も射す状態。しかし、今更行き先変更なんて難しいので、予定通りとする。林道まで降りてシール装着。前方に3人組みが見えて後からトレースを使わせて頂きました。トレースを見ると何回か来たことがある人だと分かる。我々は結局稜線の滑りだし地点まで登って真正面のパウダーを滑る。半端なく良い雪です。

B

C

D

E

 日が当たっている部分も軽く板が走る。Runaが板をコントロールしているくらいだから余程良い雪なのだろう。今日はカナメにドンピシャで出るべく軌道修正を正確に滑る。ほぼカナメの横に下りたので、そのまま旧ゲレンデへ。ここから先はまだ長いので林間で長い休憩。対岸の滝沢尾根もはっきりと確認できる。広い雪原を滑りだすと空はもう快晴に近い。パウダーと蒼い空、そして緩斜面が続いた。

F_2

G

H

I

J

 クラブハウス上の林道に出るとトレースがあり、それを辿って車道まで早かった。アカカンのバス乗り場であの3人と再会。上越市の方でした。私はその後、諸々の雑務のため遭対連事務局へ。新井に降りるとナゼかそこそこの雪。今日はよく分からない天気でした。しかし、赤倉山の上部はシーズンベストのパウダーでした。ワックスも効いて板が恐ろしいほど走った!そろそろラストパウダーですね。

Log

|

« 粟立山 2014.3.4 | トップページ | 黒倉山 2014.3.9 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 粟立山 2014.3.4 | トップページ | 黒倉山 2014.3.9 »