« 鍋倉山 東尾根変形ルート 2014.3.23 | トップページ | 新たなる挑戦 2014.4.1 »

2014.03.29

前烏帽子岳 2014.3.29

良い山と良い斜面は人の記憶に残るもの。本日はそんな記憶を辿ってみました。
1朝の林道からの光景。

 海谷は特異な形状の山が多く、妙高の山並に積雪量が多いことからスキーに適した山がたくさんある。地形は複雑。その最たる山が放山だが、この前烏帽子も少しだけ複雑。山頂からのパノラマはまさに海谷の展望台!おまけに西面と東面それぞれにスキー向けの大斜面があることから、もう少し人気が出ても良いと思うのだが…。登山口は砂場。実はここへ辿り着くのが核心部。これが敷居を高くしている要因だと思う。

 さて、快晴の土曜日、焼山温泉辺りは結構な賑わいだと思うが、ここ砂場は我々夫婦のみで実にひっそり。最終除雪地点は産廃業者のトラックが出入りしているので、一言断ってから駐車する。歩きだし9時。アクセスに使う林道からして大展望のこのルートは前半から盛り上がる。大山林道は途中で橋を渡る。この橋を渡るのがポイント。渡ってすぐに林道を離れ、杉林に向けて登りだす。
 視界の効かない杉林だが、暫く登り続けると前方に目指す前烏帽子岳が見えてくる。ルートを若干右に振り、沢を二度越えたらデブリ地帯へ。ここをトラバースで通過するのだが、如何せん本日は気温が高すぎ(上越で23℃以上)。まだ落ちていない雪もあるので、仏岩付近から尾根に乗った。尾根は雪崩を避ける意味でもあり、周囲の地形把握のためでもある。案の定、本家烏帽子周辺ではドッカーンドッカーンと雪崩祭り。これだけの規模の雪崩を数回近くで見たのは久々です。音がコダマして凄い。

2林道を詰めていく。前烏帽子岳の右下に仏岩が見える。

3前方に見える左カーブの橋を渡った後、林道を離れ杉林の中へ。

4雪の厚みは1mくらい。4月中旬までは滑れそう。

5仏岩です。雪の関係で下から見たほうが目立つ。巨大です。

6雪崩が恐ろしいので中央の尾根に上がった。

7実際、本家烏帽子(左の山)周辺からは頻繁に雪崩が。

 やがて前烏帽子コルに着く。目の前には吉尾平の絶景が。これ見たさにここに来たって感じですか。暫し、立ち止まり火打から続く山並みに目を奪われる。朝方掛かっていた雲も取れて昼過ぎには綺麗な青空が見え始めた。コルから烏帽子山頂までは15分くらい。登りだして3時間で山頂です。山頂からは更なる大パノラマが見えて、まさに海谷の展望台に相応しい場所。静かなルートだと承知はしていたが、本当に誰もいない。貸切の山頂でのんびり。ここは昼闇谷や鉢沢周辺の雪の状態を確認できる唯一の場所でもある。

8コルから見た前烏帽子岳。見えている西面のが斜面が大きい。

9山頂はコルから意外と近い。

10昼闇山~鉢山。

11広大な吉尾平を見下ろせる。

 さて下山だが、急な東面はデブリで覆い尽くされていたので、西面へ。実際、斜面構成としてテレマークで滑るには西面のがいいと思う。一切トラックの入っていない斜面はそこそこ板が走り快適。前半のメローな斜面で快適なのはデブリまで。通常であればデブリをトラバースして杉林に入るけど、今回はデブリ地帯の手前で左手下の沢に降りてみる。ココ、今回目を付けていたところ。吉尾平を小さくしたような快適斜面。左手の沢が深くなってきたところで沢を渡って左手の尾根に上がるか仏岩に戻るか選択を迫られたので、無難に仏岩へ。ここで驚いたのだが、あの巨大な仏岩の西側下には仏岩の2倍もあろうかという丸い岩が鎮座していたのだ。驚愕のデカさ。その後はトラバース気味に杉林に入って無難に林道へ。橋を渡って鉾ヶ岳が見える場所まで来ると開放感が堪らない。ここで必ず笑顔になる。

12メローな斜面をどんどん降りていきます。

13今回はデブリの通過を嫌って左手下の雪原をクルーズ。

14雪の豊富な年であれば、より快適だと思われる斜面。

15沢地形が深くなる手前で仏岩付近まで戻ることに。

16仏岩西にある丸岩。2倍はある。なんたるデカさ!

17鉾ヶ岳を見ながら林道で帰還。”なんか楽しい”を実感できる場所。

18春を通りこして夏のような陽気でした。

 林道を流しながら嫁とこんな会話があった→このルート、”なんか楽しい”。この”なんか”って何?紐解いてみると、山頂からメローな斜面が長く続き、仏岩から下の杉林は視界が利かない中でも必ず林道に出られる安心感があり、しかも板が走る。林道に出てからも鉾ヶ岳が見える場所まで来ると開放感が凄すぎ。そして終始、川のせせらぎが聞こえるのが特徴。訪れる人も少なく、田舎の長閑な風景を奏でながらのBC、所謂裏山遊びを満喫できるのがこの”なんか楽しい”に繋がっているのであろうと。何故山に行くのか…山で遊んで山に癒されたい…山を求める人の原点回帰がこの前烏帽子ツアーにあるように思えます。登り3時間、下りは40分で登り返しもなくコストバリューの高い前烏帽子岳は標高1040mの山。矢代の粟立山同様、標高からは想像できない楽しさが凝縮された、私にはトッテオキの”なんか楽しい”山なのです。
Log2_2地形が複雑なので登ったルートをそのまま戻る事をオススメします。

|

« 鍋倉山 東尾根変形ルート 2014.3.23 | トップページ | 新たなる挑戦 2014.4.1 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鍋倉山 東尾根変形ルート 2014.3.23 | トップページ | 新たなる挑戦 2014.4.1 »