« 春はまだ遠い…用行捨蔵 2014.3.14 | トップページ | 臨時役員会議 2014.3.20 »

2014.03.17

大毛無山 2014.3.17

朝方霧が少し出ていたが、概ね快晴。よって大毛無山へ。
1このホテル一体いつまで…。

 ホテルの脇を登りだすと前方に先行者あり。妙高ロングラン沿いをどんどん登る。暑い。汗が滴り落ちて大変なことになってきた。朝方の先行者は途中で下山した模様。私は小毛無を過ぎて山頂へ。久々である。セオリー通り、右から周り込んで手前のピークへ。方向によっては山頂よりこちらの方が展望よし。妙高方面の目当ての斜面が良く見えるので、写真を撮りまくり、その後に大毛無山頂へ。

2これが通称S1と呼ばれた三角斜面です。まさに雪の砂漠。

 今日は北西尾根のつもりでいたが、余りコンディションが良くない。単独で突っ込むほど優しい状態ではなかったので、手前ピークに戻ってシールを剥がす。さて、どこを滑るか。久々にメインステージが滑ってみたくなり、移動。閉鎖以来だから8年ぶりである。扉の閉じたリフト小屋を見ると感慨深い。メインステージは最もフラットで滑りやすいコース。ここを適度に降りてベンザク沢へ。林道を交差してからカナメへの尾根へ入った。昨日、何人か入ったようでたくさんトレースあり。ポールの立っているピークなので、遠くからでも分かりやすい。しかし、ここから見るアライは本当に希望の大きなゲレンデだ。この殆どがオフピステコースなのだから堪らない。

3妙高~火打。絶景です。

4火打周辺。小雪のためか、黒菱北面がデコボコしてる。

5こちらはシャルマン火打スキー場です。

6あえてトラバース。メインステージへ。

7のどかです。よくここからパウダー狙いで滑りました。よく転んだけど。

8メインステージ。圧雪してなくても本当に滑りやすいフラットな斜面です。

9ベンザク沢に出ました。ここも地形変化の楽しめる斜面。

10遠くに要山が。

11いい感じで尾根が繋がっている。

13行程を振り返る。スケールが半端ない!滑りだし地点は遥か先。

14膳棚です。巨大な岩棚。

12要山の大斜面。結構楽しめる斜面。

 カナメ大斜面を滑ってから沢沿いをトラバース気味に降りて林道へ。やっぱりクラシックルートは味わい深いもんだ。林道から車道に出て荷物をデポ。暑いのでアウターを脱いでから20分ほど歩いて車を回収。大毛無山はルートミスすると進退窮まる場合もあり、雪崩リスクが高い沢がたくさんあるので注意が必要だが、地形を知り尽くせば良い斜面をつないでの下山も可能。ベンザク沢を滑りながら膳棚の下に出られるのを今日発見しました。やっぱり、山は違う角度から眺めてみるもんですね。いろんな発見があって楽しいツアーでした。

15ここもゲレンデの延長みたい。そんな滑りやすい斜面でした。

16遠くから。

17広い車道を歩いて車回収。春の陽気。

2log

|

« 春はまだ遠い…用行捨蔵 2014.3.14 | トップページ | 臨時役員会議 2014.3.20 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。kawabeと申します。
大毛無山への登山と滑走はすばらしいですね。広くて滑りやすそうな斜面、それに周囲は絶景ですね。こんなに良いスキー場を営業しないのは、なんとも不思議です。(近くにもっとよいスキー場があるため?)
私は青森在住ですが、来年初めに新潟に行く計画があり、できれば大毛無にスキーで登りたいと考えているのですが、
質問: 大毛無山へは1月でも登れるでしょうか?(もちろん天気の良い日ですが)
良ければ当方のHPご覧ください(今年立ち上げたばかりですが)。https://sites.google.com/a/meizan-hitoritabi.com/hitoritabi/home

投稿: kawabe.goro | 2015.12.07 21:22

kawabe様、お返事が遅れて申し訳ありません。
大毛無山は山スキーのためにある山だと思います。
ゲレンデが営業をしていない今も登って滑る人が絶えません。
滑走ルートも多く、工夫をすればいろんな楽しめ方がある山です。
大毛無山は1月でも2月でも登る人はいます。私も登っています。
とにかく雪が多く、豪雪の年は7mクラスの木が全て埋まるほどですよ。

しかし、今年は雪が遅く、今のところ来週山に入れるほど雪がありません。
HP見させて頂きました。素晴らしいレポばかりでこちらこそ参考にさせて頂きたいです。

投稿: 吉田 | 2015.12.15 17:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春はまだ遠い…用行捨蔵 2014.3.14 | トップページ | 臨時役員会議 2014.3.20 »