« 関田山脈彷徨(土倉→牧峠→梨平峠→羽広山) 2014.3.12 | トップページ | 大毛無山 2014.3.17 »

2014.03.14

春はまだ遠い…用行捨蔵 2014.3.14

3月上旬まで頑張ってくれた雪もたった1日の南風で消えてしまいました。
P1010645_3普段でも結構な客入りのカマダ。見栄えも良い感じです。

 2月半ばから1ヶ月近くの間、それなりに降ってくれた雪。本来降る時期ではないにしても予想以上に山を大きくしてくれて自然に感謝。でも12日の暖かい風で一気に雪解けが進んでしまいました。今日、新井は霙。高田は霙のような雨。高田平野の田圃の雪がほぼ消えていてびっくり。もともと乗っている雪の量自体が薄いので仕方ないとはいえ、なんだか寂しい限りです。公園では早くも観桜会の準備をしていたので、あー、もうそんな時期なんだとしみじみ。

 降雪時期がズレ込んだだけあって、3月に入っても晴天率は上がりません。やっぱり本当の意味で山滑りが楽しくなるのは4月ですね。毎年、変わらず同じ場所を滑っていますが、山の斜面が同じだったことは一度もなく、今年に関しては低い尾根にも雪屁が巻いていること。絶対降雪量が少ないので、沢地形に罠(沢穴)があることですね。そんな、まだまだ厳しい時期が続く中、山では遭難や遭難未遂が相次いでいます。私が把握しているだけでも相当数。全く困ったもんです。

 今日は3月14日。と言うことで上越のKamadaでケーキを買ってきました。ここのケーキ、本当に美味しいです。用行捨蔵、どんな結果であれ山も人生もそれを受け入れ、そのときどきの最善を尽くしたいもんですね。無駄に流れに逆らわないのが楽に生きるコツなのかもしれません。3月中旬、春と言うにはまだまだ寒い妙高市です。

P1010624_3今週の酒は朝日酒造の越州”桜日和”。
淡い味で桜をイメージさせる外観にも好感がもてる。

|

« 関田山脈彷徨(土倉→牧峠→梨平峠→羽広山) 2014.3.12 | トップページ | 大毛無山 2014.3.17 »

妙高山の麓で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関田山脈彷徨(土倉→牧峠→梨平峠→羽広山) 2014.3.12 | トップページ | 大毛無山 2014.3.17 »