« 守門大岳 2014.2.1 | トップページ | 大渚山 2014.2.11 »

2014.02.09

赤倉山 2014.2.9

週末は大荒れ。そんな時はこの山に限る。
Aいい雪が降ってました。

 長岡の木の芽沢さんと赤倉山を計画した。車が2台あることから素直に杉の原に戻るのはどうかと思い、1台をアカカンにデポ。基本的に新赤倉へ下山する予定でゴンドラ乗車。太平洋側の都市部で大雪の影響が出ているのか、杉の原もガラガラだった。林道から取り付いて稜線目指して高度を上げる。雪は舞っているが、寒くはない。登っている最中に時々晴れ間も見えてテンション上がった。

B赤倉山ツアーの中間部は見事なブナ林。

C途中で晴れ間も。

D悪天候ながら視界が利く場面もあった。

 すっぽりとブナ林に囲まれた尾根は一切風の影響を受けない。なので、登っていると暑いくらい。稜線に出ると奇跡的に前山方面の展望が利いている。眼下には大谷ヒュッテが。森林限界上は雪が悪いのでちょっと下ってからシールを剥がして滑り出す。雪は深い。非常に高級なしっとりとしたパウダーだった。雪がいいのでどんどん下ると林道まで早かった。とりあえず満足。

Eカナメです。ここからが長いパウダー天国の始まり。

F絶叫しながら滑る木の芽沢さん。

G川を対岸に渡るとアカカン駐車場は近かった。

 ここから僅かな距離だが、雪が深かったのでシールでカナメまで。南地獄谷の滝やらを見物してから旧ゲレンデコースを池の平トップまで。ゲレンデには入りません。ここから白田切川右岸沿いの高台尾根上をあちこち滑りながらのんびり。良い雪だ。木の芽沢さんも雄叫びを上げるほどのパウダー。途中で”あの場所”を見物してから林道へ。いつの間にか前方にはトレースがあり、それがあったお陰で下りラッセルとは無縁。川を渡ってなんと雪が多いことを良いことに車の前まで滑って終了。いやぁ、遊んだ!完璧でした。

Log軽く登りの3倍は滑ってます。車2台あれば良いコースです。

 木の芽沢さんを杉の原まで送ったあとは私は遭対連関連の用事で牛田君宅へ。ここで小一時間、書類に目を通したり、保険関係の事務手続きをしたり…。新井まで降りると雨でした。夕飯は久々に鍋。明日も雪予報。2月に入ってから結構降ってますよ。

|

« 守門大岳 2014.2.1 | トップページ | 大渚山 2014.2.11 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

昨日は楽しい時間を、ありがとうございました。
思った以上の軽い新雪に板が走りました。
スキー場下の明快なルートどり、ピッタシ赤倉でしたね。

またの機会を楽しみにしてます。(^^)v

投稿: 木の芽沢 | 2014.02.10 19:04

木の芽沢さん、こんばんわ。
昨日は絶望的な天気のなか、予想外に楽しめました。
標高差1000mの誰にも会わない粉雪の森は実に静かでした。
軽いパウダーはそろそろ終盤の予感ですね~。また滑りましょう。

投稿: 吉田 | 2014.02.10 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 守門大岳 2014.2.1 | トップページ | 大渚山 2014.2.11 »