« キューピッドバレー 2014.2.20 | トップページ | 関田山脈彷徨 (森の家~宇津ノ俣峠~照岡牧場)2014.2.26 »

2014.02.23

粟立山 2014.2.23

本来、今日は違う山の計画だったけど、矢代晴天につき、粟立山へ。
A朝は良い天気だったのに。

 今日の妙高~上越の予報は曇り。しかし、周囲の山々は朝日を浴びて神々しい。1日晴天ではないだろうけど、とりあえず山に入れる天気なので近所の粟立山へ。自宅から見える山です。西野谷に近づくと山頂部が見えるが、どうやら雪崩があったよう。登山口で準備して出発する寸前に車が2台ほど到着。「粟立山はどれですか?アワダテって読むんですか?」と矢継ぎ早に質問された。何を見てここへ来たんだろうか(笑)。

B最初は林道沿い。長閑。

C取り付きの急斜面。ここを滑る人もいるようです。

D結構な高度感。

D2テントを張りたくなるような場所が沢山あります。

 昨日は曇り時々雪だったけど、何人か入ったよう。立派なトレースがあったので、それを辿って歩く。稜線部に出たところでだんだん雲行きが怪しくなり、山頂直下ではまさかの雪が…。雪崩は近くで見ると結構な規模で、これを見てこれ以上上部へ登ろうと言う輩は正気じゃない。雪と薄いガスで染まった粟立ボールを無難に滑って下部の凸で休憩。雪酔いしそうでヤバい。後続も登ってきていた。

E近づいてくると雪崩の規模が明らかに。

F結構エグい。最近のものです。

Gこれ見たらこれ以上登れんなぁ。

 充分な休憩の後、滑り出す。低い山だが、山スキーに適した斜面が駄目押し。先の雪崩の件もあり、急な落ち込みは避けて沢沿いを降りる。雪は少ない。万内川に下りる前に沢が割れているほど。河原に下りてからも走らない雪にガッカリだが、広い河原をのんびり歩いたり、滑ったりはそれなりに楽しかった。帰りに原信で買い物。そこから見る矢代山地に粟立山も大毛無山も雲の中へと消えていた。

H粟立ボール。

I中間部の疎林帯。個人的にはここが一番のお気に入り。

Log

|

« キューピッドバレー 2014.2.20 | トップページ | 関田山脈彷徨 (森の家~宇津ノ俣峠~照岡牧場)2014.2.26 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キューピッドバレー 2014.2.20 | トップページ | 関田山脈彷徨 (森の家~宇津ノ俣峠~照岡牧場)2014.2.26 »