« 赤倉山 2014.2.9 | トップページ | 今まさに…蛍窓雪案 2014.2.14 »

2014.02.11

大渚山 2014.2.11

めったに妙高地域から出ない私達だが、本日は久しぶりに大渚山を訪れた。
Aメインゲレンデを前に快晴の大渚山を望む。

 天気も良かったので、数年ぶりに大渚山を滑る。大草連の登山口には4台の車。気温は低いが、天気は申し分ない。山頂までの行程なんてもう忘れてしまったけど、とりあえずトレースはあるので、歩き出す。標高1000m辺りの台地に出ると正面ゲレンデが望める。その正面から登りだし、途中から尾根へと取り付く。尾根の上に乗るまではかなり急です。あれだけ晴れていたのに登るごとに雲行きが怪しくなり、山頂に着く頃にはガスに覆われた。雨飾山は望めず…。

B厳しい冷え込みだったが、どこかしら春の予感。

C山頂直下。天気が怪しくなってきた。

D完全にガスに覆われて雪の花しか見えない。

E真っ白。

 先客3パーティーと挨拶を交わす。仕方ないので、山頂の一角にテーブルを作成して長い休憩。時折ガスが切れる瞬間もあったが、回復しないようなので、ドロップする。登ってきた尾根を滑りながら眼下の大斜面へ降りてゆく。途中、藪が濃いところは適当に巻いて滑った。雪は微妙だが、Runaは転びまくり。私は調子良かった。しかし、開放的でいい斜面ですね。取り付きの疎林帯に入ってからは登りのトレースを利用したりしながら車まで早かった。コンパクトだが、滑って楽しい斜面が凝縮された山です。

Fガスに覆われていたのは本当に山頂部だけ。少し降りると晴れていた。

G雪は悪いが、晴れてるほうが気分が良い。

H_2良い斜面です。

I台地を見下ろす。他パーティーの2人。

J同じく2人組み。

 後片付けを済ませて白馬のコンビニで着替えなどを済ませ、12月にオープンしたと言うパタゴニアへ。実はこっちが本当の目的だったりして…。山がついでか?直営店は貴重です。しかもアウトレットまである。ここで買い物。セール期間なので3割引き。帰路も糸魚川経由で。新潟に入った途端小雪が舞い出した。

P1白馬のパタゴニア。セール期間で凄い混みよう。

P2

|

« 赤倉山 2014.2.9 | トップページ | 今まさに…蛍窓雪案 2014.2.14 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤倉山 2014.2.9 | トップページ | 今まさに…蛍窓雪案 2014.2.14 »