« 山岳レスキュー講習会 2014 | トップページ | 守門大岳 2014.2.1 »

2014.01.30

鍋倉山 三郷ルート 2014.1.30

約3週間ぶりに訪れた鍋倉山はすっかり藪が消えて立派な雪山になっていた。
Aこの日の鍋倉は気温が高く、霧氷は見られなかった。

 もう1月も終盤。雪があって当然だ。寒気と春の陽気が入り乱れ予報に振り回されたが、本日はどうにか午前中は天候がもちそう。鍋倉山を滑るために築田さんにsakeyamaさんで3人パーティー結成。どうせならと通常ルートと違う三郷ルートを提案した。寒くなったり、暖かくなったりを繰り返している関係で雪は悪いことが予想される。三郷のデポ地点に8時半集合としたが、皆さん早く来てくれて、結局温井を出発したのが、8時25分。この面子からして相当飛ばすだろうなと予想したら案の定、山頂まで1時間40分で到着。

B怪しい雲ゆきの中、山頂到着。

C台地へ向って滑り降りるのだが、ここの雪が最悪だった。

D台地にて…とりあえず安堵感。ゴールは近い。

E朝撮った、三郷から見上げる鍋倉下山ルート。

 心配していた雨はまだ降っていない。しかし、降る気配はするので、空は気味の悪い鉛色だ。加えて微妙に風が吹いている。最低限の休憩を取ってドロップ。三郷ルートなのでドロップする方向が全く違う。心配だった雪はとりあえず林間は上等な重いパウダー。尾根の戸狩寄りを滑ると鞍部に出た。ここをスキーのまま5分ほど登ってP895の台形の山の一角に出る。南の端まで行くと台地へ滑り込むための斜面に出た。が、ここが酷い雪で3人ともいろんな滑りを駆使して降りる。
Gps 温井~三郷の両集落間は約3km。雪道だと歩いて40分ほど。

 台地到着。小さい台地だが、開放感はあるし、もう緊張するような斜面はない。ここでちょっと休憩を挟み、作業小屋の右手から沢へ降りる。若干不明瞭な林道をどんどん下って三郷集落上部へ着いた。田圃の畦道であろう雪の付いた通路状の斜面を下って終了。天候も雪も微妙だったけど、いつもと違う鍋倉を味えて満足。下山が11時35分。1周回って3時間ちょっとの楽しいツアーでした。車を走らせるとほどなく雨が…ぎりぎりセーフでした。

|

« 山岳レスキュー講習会 2014 | トップページ | 守門大岳 2014.2.1 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

1/27に鍋倉山へ登りました。急用で小谷温泉に行けなくなったので今季はじめてのツアーです。、巨木の谷を挟む南の尾根からです。月曜なので誰もいません。前日の降雪でラッセルはありますが、全体に積雪が少なく、頂上も、藪が少し残っていましたし、本来は見通しの良い黒倉山への稜線も、北斜面もまだ藪がありました。北斜面を下りましたが雪質はまあまあでした。登りのルートは途中でうっかり北側へはずしてしまい、急斜面で難儀をしてしまい、いつもより一時間近くかかってしまい、ヒヤヒヤでした。

投稿: Enokida | 2014.01.30 21:16

今日は楽しいコースを案内して頂き有り難うございました
雪はイマイチでしたが予定通りに帰って来たので80点
天気と雪の良い時にまた行きたいと思います

投稿: sakeyama | 2014.01.30 21:40

Enokida様、妙高山域及び北信の積雪量は少なめです。
これでも、ようやく藪が消えて自由にスキーが使えるようになってホッとしています。
ま、こんな年もあります。標高の低い沢は注意が必要ですね。

投稿: 吉田 | 2014.01.30 23:52

sakeyama様、条件が余り良くない中、ご同行して頂き感謝です。
それにしても登り…いつにも増して飛ばしましたねぇ。
難しい雪でしたが、楽しかったです。また滑りましょう!

投稿: 吉田 | 2014.01.31 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山岳レスキュー講習会 2014 | トップページ | 守門大岳 2014.2.1 »