« 僅かな晴れ間 2014.1.15 | トップページ | 赤倉山 2014.1.19 »

2014.01.18

三田原山 2014.1.18

最近、それなりに降り始めました。寒気の挾間を縫って三田原山へ。
A最初の沢。何組か入っている。

 パーティーメンバーは築田さん、sakeyamaさん、k池さん、n島さんと私の5名。9時半、ゴンドラ乗り場前に集合。思いのほか快晴である。トップからシール歩行。すでに何組か入っているようだ。雪は20cmほど下からズリ落ちるちょっと嫌な雪。シール登行も滑って難儀。稜線はガスっていますが、この時期の三田原にしては風もなく穏やか。池の峰ルートを降りる予定でしたが、人が多いのと下部の藪を嫌って涸沢ルートに変更。上部のオープンバーンは浅いパウダー。陽も射してきて全員絶叫。雪が降ったとは言え、まだまだ量が足りないので地形変化がかなり激しい。トラップ多数に付き、楽しい転倒者続出。なんだか笑える…。今日は革靴3名、苦労してたけど、上手いです。
B稜線に出た後、とりあえず休憩。
殆どの人が池の峰方面へ降りるのを横目に涸沢ルートに来ました。貸切。

C革靴で雪煙を上げる人→sakeyamaさん。

Dこのオープンバーンが涸沢ルートの魅力。

Eそして針葉樹の森の中へ。

Fsakeyamaさんの滑り。これから沢へ降ります。

Gn島さんの滑り。

H築田さんの滑り。

I静まり返った笹ヶ峰から林道を経て帰還。楽しいツアーでした。

 沢に降りてから雪が…サンクラスト気味で板を回せない。僅か10m横の樹林の中に入ると綺麗なパウダーが残っている。こっちのが快適との判断でトラバース決行。これが大正解。快適に樹林帯を滑ってどんどん下る。池の峰は越えられない場所からのトラバースなので牧場手前三叉路を目指すが計ったようにグリーンハウス分枝にドンピシャ。シールで池の峰を越えて途中からトレースに乗った。ゲレンデに合流してからが苦痛だった。人も多いし固いしね。単調になりがちな三田原ツアーだが、ほんの少しアレンジするだけでこんなに充実したツアーになりました。
Mitahara 

|

« 僅かな晴れ間 2014.1.15 | トップページ | 赤倉山 2014.1.19 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

天気も雪もまずまずで楽しかったですね、GPSの軌跡を
見ると、リフトの有難味が身に染みますね。
リフトテレマーカーに毛の生えた程度だったでしょうかね
又、宜しくです。

投稿: sakeyama | 2014.01.19 07:10

sakeyamaさん、こんばんわ。
このルート、登りは僅か、滑りは長いと人気があるのも頷けますね。
しかし、よく転びよく笑った健康的なツアーでした。
また滑りましょう。

投稿: 吉田 | 2014.01.19 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 僅かな晴れ間 2014.1.15 | トップページ | 赤倉山 2014.1.19 »