« ささやかなお祝い | トップページ | 海鮮焚き火キャンプ 2013.10.19~20 »

2013.10.14

巻機山 2013.10.13~14

直前まで予報の変動があった3連休、新潟にいたっては中日まで怪しい曇りマークに。14日にかけて以前から興味のあった巻機山へ登った。
F実に懐の深い山である。稜線漫歩最高!

 巻機山は大きな山容の割りに意外と短時間で登頂できる山。日帰りで予定を組む人が圧倒的に多い中、我々はどっぷりとこの山の懐に入って2日に渡って数々の魅力を探りたいのと、超快適と噂の小屋にも泊まってみたいこともあり、最初っから泊まり装備で入山。だが、13日桜坂駐車場に着くと車の量は明らかに容量オーバー。ギリギリスペースを確保したものの、小屋も容量オーバーなのでは?との不安も過ったが、その時はツェルト泊に切り替えるつもりで山に入った。
A朝日に照らされて錦織の絨毯が光輝いていた。

B早朝の木道と池塘と割引岳。

C牛ヶ岳。のっぺりとした山容。まさに牛ヶ岳。眺望はすこぶる良い。

 急登の多い尾根をRunaが調子いいことにそこそこハイペースで登る。天候は雨が降りそうな曇り。結局、約3時間半で小屋まで降られることもなく、無事に着いた。道中はあの車の量から想像していた通り、凄い人だったが、小屋はそれほどでもなく2階の良い場所をゲット。規模が小さい小屋の割りに中トイレが2箇所あり、オマケに外のトイレもある。非常に快適だ。この日は遭難事故があったのか、消防の人が出入りしていてヘリも上空を行き来していた。
K笹原が風で靡いて美しかった。

L越後三山方面。

Jこれは本峰の全容。どっしりとした山なのが分かる。重厚だ。

I朝からヘリがひっきりなしに飛んでいた。

 小屋から沢沿いに5分も下りると綺麗な川が流れており、水はそこから取れる。夜は豪勢に鍋だ。食材が重かった…。春以降、我が家の初の鍋である。周囲を見渡すと22人ほどの泊まり。皆さん、食事が終わると夕方の6時くらいには寝だす始末。早すぎだろ。小さな声で話すのも気を使うので、我々も就寝。夜中に何度か起きたが、4時半になって他の人も起きだしたので、私も起きた。外は満点の星空。雄大な巻機山を歩くには天候は重要な要素。5時に朝食作り。この時間に出発する人もいたが、私達はのんびり7時頃に小屋を出る。快晴だ。
 ひんやりした空気が凛とした空間を作って心地よい。割引岳に行くか牛ヶ岳に行くか悩んだが、東方面の山々を見たくて牛ヶ岳を目指す。木道はまさに雲上のトレッキング。北アで言うと北ノ俣周辺に似ている。しかし、スケールの大きな山である。牛ヶ岳からは越後三山や尾瀬周辺の山々が大展望。風も涼風で最高だった。ここから本峰と割引岳までの大きな山体が望めるが、実に重厚な山だと実感。山スキーでも人気があるのが分かる。

H天国的様相。感動のクライマックスだったこの瞬間。

G前巻機山と谷川岳方面。

Eお世話になった小屋です。緊急用の無線まで完備しています。

D遠目に見ると馬の毛並みのような紅葉。美しい。

 山頂部を過ぎて、まずは小屋に戻る。ここで再度パッキングし直して下山。まずは前巻機山へ。緩い登り。この頃から下から登ってきた人とたくさんすれ違う。長い尾根を下り終えて駐車場に戻ったのが、12時過ぎ。快適な避難小屋、雲上のトレッキングと紅葉…この時期にこれだけ楽しめれば満足である。その後、石打丸山インター近くの道の駅”南魚沼”に立ち寄り鳥そぼろ丼大盛りで〆。程良い疲れのまま、高速で柿崎インターまで。今期、大きな山の頂上を踏むのはこれが最後かもしれない。しかし、巻機山…なんとも言えぬ良い山でした。良さげな斜面も駄目押し。来期来るか?

M前巻機山から見た巻機山本峰。

O鳥そぼろ丼…旨かったです。

N静と動が上手く混在した山。また来ます。って言うかこの山を滑りたい。

|

« ささやかなお祝い | トップページ | 海鮮焚き火キャンプ 2013.10.19~20 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ささやかなお祝い | トップページ | 海鮮焚き火キャンプ 2013.10.19~20 »