« 刈羽黒姫山 2013.9.14 | トップページ | 剱岳 後編 2013.9.22 »

2013.09.21

剱岳 前編 2013.9.21

秋晴れ予報の三連休、久々に大きな山に登りたくて剱岳を目指しました。
1秋の雷鳥平。今年の紅葉は余り良くないようだ。

 先週の台風18号以来、毎日毎日良い天気が続いている。それはこの三連休まで続くようなので、剱岳を目指すべく計画。Runaは初めての山、私は12年ぶり、2度目。前回同様別山尾根から取る付くために剣沢にベースを張る予定で立山駅へ。しかし、予想を超える混雑振りで車は称名川左岸の駐車場。ケーブルカーは実質待ち時間はなかった。室堂に着くと多くの人で賑わっている中、早い昼食に立山蕎麦を食べた。この夏、余り山に行ってなかったこともあり、重荷が肩にずっしりと圧し掛かる。雷鳥平まで降りて長い雷鳥坂を上って剣御前でザックを下ろす。
2別山乗越からの剱岳。これ見たさにここへ来る人もいる。

3剣沢キャンプ場と剱岳。最も絵になる風景のひとつ。

4 テント村は大盛況だ。ロケーションは良いが、傾斜が強い。

 ここで剱とご対面。明日登る山を見ながらのんびり剣沢キャンプ場まで下る。キャンプ場は人でごった返していた。このサイト、私は初めてなのだが、何処も微妙に傾斜が付いており設営場所に悩む。残り少ないスペースにテントを張って一服。受付小屋は警備隊と同じ小屋だった。水が豊富な剣沢、水は出しっ放しだ。それにしても凄い人。明日は剱往復後に室堂ターミナルに戻って下山予定だが、剱往復がメイン。好天の連休とあり、混雑ぶりから前剣⇔山頂間は渋滞必至。キャンプ場出発を3時半と予定してパッキング。19時頃には寝たと思う。
 しかし、夜中に何度も目が覚めて結局寝たのか寝てないのか分からないまま2時になった。周囲はザワザワ人の気配がする。みんな同じことを考えている。暗いうちに核心部まで行くべく、3時10分に出発。信じられないことに、この時点ですでに前剣の登りにヘッドライトが見える。幻想的な星空の下、「登らせて頂きます」と謙虚な気持ちで剱岳山頂に向けて出発した。

|

« 刈羽黒姫山 2013.9.14 | トップページ | 剱岳 後編 2013.9.22 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 刈羽黒姫山 2013.9.14 | トップページ | 剱岳 後編 2013.9.22 »