« 影火打南面台地~サクラ谷 2013.5.4 | トップページ | 影火打北面~胴抜キレット~焼山南面台地~杉の沢林道 第二部 2013.5.5 »

2013.05.05

影火打北面~胴抜キレット~焼山南面台地~杉の沢林道 第一部 2013.5.5

 最終日の本日は4時半起床。一番で朝食を済ませて出発の準備。
 気温も高いので7時45分に小屋を発った。
A_3影火打のコル北側から見上げる火打山。

 『5月5日高谷池定着3日目 第一部』 下山日です。1日快晴が約束された今日は単独であるがゆえにロングルートを計画。火打山⇒影火打北面⇒胴抜キレット⇒焼沢(真川)⇒杉の沢林道の計画をヒュッテスタッフに告げた。風もなく温かいので楽に高度を上げる。火打山頂はほぼ素通りでシールのままコル北面へ。ここでシールを取って休憩。事故があったのか上空を頻繁にヘリが飛んでいる。
B_4焼山を正面に見ながら滑る。広く滑りやすい沢地形だ。

C_3滝を避けるために北の沢に移る。ここが難所。急で狭いボール。

 9時前にすでに火打山頂は雪が緩んでいたが、ここは北面。さすがに少し固い。新雪とのミックスで上手くターンができないまま焼山を真正面に見ながら高度を落とす。谷の乗越地点で下を見ると2人が登ってくるのが見えた。上部はクラストしており、ターンをすると割れた雪が落ちる。斜度が急だけに下の2人に直撃する可能性が高い。少々時間が掛かっても待つことを選択する。
 
 かなり2人が登ってきたので、大きな声で「雪が落ちるので待ってます」と告げた。すると2人組みは「大丈夫です。降りてきて下さい」と言ってくれたので、できる限り気を使って横滑り主体で斜面をずり落ちた。雪は高度を落としても悪いままで2人ともシールで登っていたので苦労していた。私も2人より下に来たので、いよいよまともにターンをしたら派手に転倒。あの斜度でクラストしていたら太刀打ちできません。今年は小雪なので殆どデブリもなく雪が良ければ難易度は下がると思われる。
D_3キレットからの沢と合流する所。写真は長閑だが、昨年この辺りは一面が特大のデブリ祭りだった。その年の積雪量などを考慮し、シール装着などで留まる時は場所の選定が課題。

E_3コルから沢どおしに滑るとこの滝の上部に出る。ネット上で有名な滝。
シュプールがあったが、ルートミスか?板を外して滝をツボ足で下った形跡があった。

F_3焼山も近くなってきた。ここから楽に登れそうな気がするのだが。

G_2先ほどのルートと滝の遠景。

H_2合流点から1時間弱でキレットに着いた。視界も広がり爽やかである。

I_2トレースもあるし天気もいいので焼山に登る。首が痛くなるほどの急な壁だ。

 キレットからの沢と合流する場所でシール装着。暑い。ここからキレットまでは沢どおしに行くか焼山側の台地に乗るかだが、雪崩や落石を考えると通常は台地に乗るルートだろう。影火打北面台地ルートの有名な滝が正面に見える。最近、誰か滑ったようだ。暑さでフラフラする中、果てしない白い砂漠を登る。焼山の噴煙が近くに見えて実に雄大だ。胴抜キレットが近づいてきたら登山者が5人ほど見えた。焼山を越えてこれから火打を目指すようである。
 
 キレットに着くと涼風が心地よい。この時点でまだ11時半。当初はここから目の前に見えている遥か彼方まで真っ白な焼沢を滑るつもりだったが、予定を少し変更。余りの条件の良さに焼山山頂に立ち寄ることにする。先ほど通過した登山者のトレースを有難く使わせて頂いた。

-第二部に続く-

|

« 影火打南面台地~サクラ谷 2013.5.4 | トップページ | 影火打北面~胴抜キレット~焼山南面台地~杉の沢林道 第二部 2013.5.5 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 影火打南面台地~サクラ谷 2013.5.4 | トップページ | 影火打北面~胴抜キレット~焼山南面台地~杉の沢林道 第二部 2013.5.5 »