« 笹ヶ峰~高谷池ヒュッテ⇔大倉山往復 2013.5.3 | トップページ | 影火打北面~胴抜キレット~焼山南面台地~杉の沢林道 第一部 2013.5.5 »

2013.05.04

影火打南面台地~サクラ谷 2013.5.4

 今日は中日。時間もあるが、やはり記憶に残るルートとして影火打南面台地は外せなかった。ここ火打界隈にはゲレンデより快適な斜面がたくさんあるが、ここはその中のひとつ。
L上部から見下ろす影火打南面台地。素晴らしい斜面だ。

 『5月4日高谷池定着2日目』 非常に冷え込みの強い朝だが、登山の人は1泊なので、早発ちしていった。それにつられてスキーの人も早く出て行くが、天狗の庭上部で苦労するのは分っていたので、私は9時前出発。それでも斜面は固く、シールで登るには気が抜けない。私が肩への登りに入ると、すでに上部には滑って下りてくる人がいる。火打への登りから振り返ると澄川ボールを滑った人が登っているのが見えた。
B_3広大な澄川ボールを登りかえす人達。

C_2これから目指す影火打山と焼山。

D_2焼山方面偵察その1

E_2焼山方面偵察その2

F_2影火打から見る火打山、火打は見る角度でかなり形が変わる。

 さて、風のある火打は居心地がよろしくないので、シールのままコルへと下る。雪は繋がっていた。コルから影火打山に登る。焼山方面の偵察で西の端まで行ってみた。焼山方面も雪の落ち方が激しいようである。影火打は南面台地への滑りだしが山頂からだと下が良く見えないので、一旦コルまで戻る。ここから少しトラバースするのだが、新雪が乗っていたこともあり、このトラバースが少し緊張した。滑りだしから見る影火打南面台地はもはやこの世のものとは思えないロケーションである。斜度もある。標高差もある。平らである…これ以上何を望む。
Gこれから滑る南面台地、その規模に絶句する。
 
 上部は降ったばかりの雪が白く、板は走らなかったが、少し下ると日射でザラメになってきた。実に爽快で楽しい斜面だ。鍋倉谷には昨夜ヒュッテで知り合った埼玉のSさん夫婦がシール登行しているのが見えた。台地は長い。何度も何度も休んでは滑って、ようやく滑り終えた。見上げると火打と影火打がまるで兄弟のように寄り添っていた。前回同様、ここを滑るとひとつ大きなことをやり遂げた気分になる。それほどの斜面なのだ。
H少し滑ってから見上げる。

I滑った斜面の全容。滑るほどに広く平になってくる極上斜面。

J横から見る影火打南面台地。

Kサクラ谷。定番なので安心して滑ることができる。

 さて、シールで登り返すのだが、小屋に戻るには早いので、サクラ谷を1本やることにする。1時間ほど登ってサクラ谷へ。小屋からすぐにドロップできる定番の斜面。ここも最高である。さすがにこの頃には暑くなってきた。シールでヒュッテに戻るとまだ13時半。いやー、まだ兎平か黒沢東面辺りにいけるが、今日はここまで。短時間で中身の濃いツアーだった。夜は小屋でいろんな人と語らい、笑い楽しかった。テントもいいが、この横の繋がりは小屋泊ならでは。明日は文句なしの快晴だとか。新建尾根~北面台地に行くか…それとも温めてきたあのルートに行くか…。
1212

|

« 笹ヶ峰~高谷池ヒュッテ⇔大倉山往復 2013.5.3 | トップページ | 影火打北面~胴抜キレット~焼山南面台地~杉の沢林道 第一部 2013.5.5 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笹ヶ峰~高谷池ヒュッテ⇔大倉山往復 2013.5.3 | トップページ | 影火打北面~胴抜キレット~焼山南面台地~杉の沢林道 第一部 2013.5.5 »