« 火打山東面 濁俣右俣 2013.4.20 | トップページ | 影火打南面台地~サクラ谷 2013.5.4 »

2013.05.03

笹ヶ峰~高谷池ヒュッテ⇔大倉山往復 2013.5.3

 4連休、いろいろ候補を挙げたが、結局火打周辺を滑ることになった。天候も安定しているので、記憶に残るルートを探す旅としてヒュッテに入った。
B急斜面を登りきると癒しの風景。

 『5月3日高谷池定着1日目』 雪が少ないと思っているが、笹ヶ峰から黒沢間は普通にシールが使えた。過去に川が出ていて板を外した事もあったから連日の冷え込みのせいだろう。20日の濁俣ツアー以降、そんなに雪が溶けたとは思えない。連休初日、今日から3日間は好天予報とあり、多くの人が歩いている。黒沢の橋を渡り、十二曲がりに行く人を横目にさらに奥へ。以前滑った真っ白な斜面を登る。急だが、右手のシラビソを目指せばシールのまま登れる。
A_2雪が少ないので登るのはこの斜面。急だけどシールのまま行けます。

C癒しの風景、その2。

D黒沢トラバースからの定番。

 富士見平はこれまた凄い人。昨夜降った雪が厄介なので、トラバースせずに谷に下りてヒュッテへ。GWらしく、ヒュッテには登山の人が多かった。さて、時間も早いので大倉山方面へ偵察である。シールのまま黒沢池ヒュッテに降りて三峰手前まで。いずれ滑るであろう、この辺りの斜面を見たかったのだが、生憎下からガスが上がってきて確認できずじまい。
 日差しが若干弱いこともあり、GWにしては寒い。ヒュッテに戻るとスタッフの牛田君と遭対連の打ち合わせ。いろいろやる事、決めることが多くて大変です。明日は大気の状態が不安定ながらも晴れ予報。今回のツアーは単独と言うこともあり、僅かなミスも許されない。何処を滑るか悩みながら地図を眺めるのは最高の幸せである。
E南俣ドロップ斜面。来年こそは…。

F火打山東面の広大な斜面。

1313

|

« 火打山東面 濁俣右俣 2013.4.20 | トップページ | 影火打南面台地~サクラ谷 2013.5.4 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火打山東面 濁俣右俣 2013.4.20 | トップページ | 影火打南面台地~サクラ谷 2013.5.4 »