« 菱ヶ岳 2013.3.31 | トップページ | 光ヶ原~黒倉山徘徊 2013.4.6 »

2013.04.05

大毛無山~矢代第三発電所(大毛無沢~北桑沢) 2013.4.5

矢代を代表する名山ふたつを沢で繋ぐロングルート。天候にも後押しされてどうにか行ってきました。
A果てしなく白い大毛無山

 矢代の中で際立ってハードルの高い山、容雅山に登るために今まで幾つか計画を練ってきたが、その度に天候などの理由で登れずにいた。発電所から往復するか、澄川を滑ってから登り返すか、または大毛無山から下ってくるか、いろいろ選択肢がある中で、自分にとってまだ未知の大毛無沢を滑ってみたい、そして容雅山から北桑沢を滑ってみたいと言う欲求を満たすべく、旧アライリゾートを出発した。そしてこの計画にあきさんとyoshikoさんと言う2人の無謀なチャレンジャーが参戦してくれた。
Img_0001ホテルは今でも営業していると思えるほど、綺麗だった。除雪は直前のペンションまで。

 諸般の都合で出発は遅かった。旧アライリゾートからゲレンデ内を登る。最近話題のヘリとスノーモービルが鬱陶しい。その後、ヘリで登ったボーダーが満面の笑顔で数人降りてきた。果てしなく白い砂漠の大毛無山をひたすら登って山頂へ。見渡す限りの展望だ。特に妙高~火打・焼山が美しい。目指す容雅山、登る沢の雪割れが激しい。と言うか前容雅山の下も三日月形に亀裂が入っている。今年の雪の割れ方は半端ない。
Photo山頂近くより。中央やや右は小毛無山。

Photo_2大毛無山頂よりこれから目指す容雅山。たくさん雪が割れている。 

 さて、休憩もそこそこに大毛無沢を滑降する。上部は呆れるくらい広く、滑るラインに困るほど。沢底は滑りにくいので主に左岸を中心にうねりのある地形を下へ下へ落ちる。いよいよ沢が狭くなってきたら悪水川だ。ここで標高850mほど。しかし、この悪水川はスノーブリッジが上流にしかなく、登る沢へは高巻きを強いられたのだ。これ誤算。上部から見た登行ラインを定めて尾根に取り付くが、雪の付きかたが弱い。どの斜面も今にも雪崩そうだった。
Photo_3山頂より妙高~火打を望む。素晴らしい眺望!

E大毛無沢の上部は広い。楽しい斜面が続く。

F長い。快適。左岸を絡めて滑走する。

G悪水川は出合いが割れていた。この高巻きで時間を取られる。
右奥に不動山が見えているが、雪が崩れてボロボロだ。

 尾根は相当急だったが、頑張って登る。登った先から板を担いで登るが、側壁の雪が不安定になってきたことから、雪の無い尾根の真上を藪漕ぎすることに。この藪漕ぎも板が枝に引っかかり、思うように前に進めないばかりか、みんなストレスが溜まってきた。ここで左眼下に見える沢に降りてシールで1150まで登ることにする。
 この沢は上から見るより急ではなく、ほぼ安心して高度を稼げたのだ。登り切ったところは高度1150mの悪水沢と北桑沢の間の稜線。上部に容雅山が見えているが、この時点で時刻は16時を回っていたので、ここからドロップすることにする。北桑沢はしっかり雪が付いており、快適だった。ここでこの日初めて全員が笑顔になる。やはり滑って楽しい、これに尽きるのだ。
H急な尾根を登る。雪崩への警戒と滑落で気を使う。

I_2雪がいよいよ不安定になってきたので、藪漕ぎ。しかし、これが辛かった。

J時間も迫ってきたので、沢へ降りる。結果的にこれが良かった。

Img_0040振り返り見る大毛無沢。全容がよく分かる。

Img_0037標高1150付近より容雅山山頂を見上げる。ここから滑降した。

K夕暮れも迫りくるなか、3人は北桑沢を滑る。

 長い北桑沢が終わり、肝心の澄川との合流点に付くが、出合いより下流のスノーブリッジは崩れており、渡るのは危険。出合い上部のスノーブリッジを使って対岸へ。高巻きしてから777の台地へ。ブナの平坦な地形に癒される。送水管はシールのまま下って発電所に着いた。最後の登りをこなして長い林道へ。この林道で完全に暗闇になった。
 そして、あろうことか林道最後でルートミス。真っ暗な杉林をルートファインディングしながら車道に出れた。やれやれだが、私一人でデポ車を取りに行く。これが意外と長かったのだ。結局20時車着。しかし、今年の雪の割れ方は異常です。春スキー、真っ盛りだが、沢で下山するルートは注意が必要だ。帰宅して脱水症状気味だと判断し、塩とたっぷりの水を飲んで就寝。疲れました。
L澄川は出合い下のスノーブリッジが割れていた。

M高巻いて無事に777台地へ。

N振り返ると容雅山が…静かな夕暮れだった。

O残すは林道のみ。すぐに暗くなった。デポ車は遠い。

11長いです。雪の状態が良いときにまた訪れたいルートでした。

|

« 菱ヶ岳 2013.3.31 | トップページ | 光ヶ原~黒倉山徘徊 2013.4.6 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

吉田さん、おつかれさまでした。
かなりペースを合わせてもらいましたね。ありがとうございます。
おかげさまで楽しいツアーでした。次こそ登頂ですね!
懲りずにまた誘ってくださいませ。

投稿: yoshiko | 2013.04.08 18:29

yoshikoさん、こんばんわ。
終わりがないのかと思えるほど長いツアーでしたね。
ハプニングがあったにせよ、あの状況下では理想のゴールだったと思います。
いやぁ~、楽しい旅でした。また滑りましょう!

投稿: 吉田 | 2013.04.08 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菱ヶ岳 2013.3.31 | トップページ | 光ヶ原~黒倉山徘徊 2013.4.6 »