« 青田南葉山 2013.3.24 | トップページ | 大毛無山~矢代第三発電所(大毛無沢~北桑沢) 2013.4.5 »

2013.03.31

菱ヶ岳 2013.3.31

本日は上越市内で最も雪の多い安塚へ。
菱ヶ岳へはゲレンデのゴンドラ利用で楽ちんツアー。
Aゴンドラ降りたところより。山頂直下まで運んでくれる。右が山頂の東端。

 ここ3日ほどの予報は二転三転し、土曜日も某登山口まで行っておきながら小雨と濃霧で入山断念。今日もダメだろうなと思っていたが、朝は意外と行けそう。そそくさと準備をしだしたのが9時半。この時間から行ける山となると…さすがに限られている。放山、菱ヶ岳、その他いろいろ頭に浮かんだが、まだ登っていない菱ヶ岳に行くことにして安塚へ。妙高に劣らぬ豪雪の町である。本日が営業最終日のゲレンデに着き、1回券千円を購入し、トップへ。もう菱ヶ岳の肩の上まで上がっているではないか。そこから40分登って山頂へ。菱ヶ岳は関田山脈主稜近くの山だけに天水山や牧峠付近の斜面、遠くに鍋倉・黒倉コンビも良く見える。このルートならば関田山脈で遊んで下山も可能。

 さて、下山だが、そのままゲレンデ戻りでは面白くない。地図で見る西側林道を辿って良い斜面を繋ぎ、最後はゲレンデベースに復帰する予定で進行。最初は山頂からブナの斜面を滑る。が、時期的に雪が全層で落ちている斜面もあり、ルートファインディングが少々難儀する。最終的にはここしかないって沢を降りて林道合流。やれやれ。
 林道は菱ヶ岳西面を真北にトラバースしているが、ここはアバランチパスである。Runaと間隔を空けて足早に通過。この大きな斜面は上越市内18号線から見えるあの斜面です。この大斜面はずーっと下まで続いていて、はっきりいって素晴らしい斜面でした。今回は天候と時間の都合で滑れずじまいだが、次回は必ず。他にも西面には良さげな斜面が駄目押し。上手くゲレンデベースに帰着できるのであれば行く価値ありか。

 我々は菱ヶ岳の西面を周り込み、いよいよゲレンデが近づいてきたところで杉尾根付近を使って下山。この辺りはどこでも滑れる。そのまま良い斜面を繋いで最後はゲレンデに復帰。ここで雨が降り出した。なんてタイミングだ。
 下山後、ゲレンデから15分くらいのゆきだるま物産館へ。ここ、夏に来たときに付近で摂れた夏野菜を格安で売っていたが、今回山菜はまだ早かった。
 菱ヶ岳はゴンドラを降りてわずかな時間で登頂できるけど、それよりも関田山脈のスキーツアーや菱ヶ岳西面で遊ぶのが楽しいと思う。下山後、ゲレンデ内の温泉に行こうか悩んだけど、きっと混雑しているだろうと入らなかった。明日から4月、本格的な春スキーの時期に突入。どれだけ予定をこなせるか…。
B山頂には東屋がありました。これより西は危険で入れなかった。

C山頂からゲレンデと安塚の町を見下ろす。雪は多い。

D関田山脈主稜。いつもと違う角度から展望。

E鍋倉・黒倉アップ。

Fこちらは天水山方面。山の向こうは栄村である。

Gブナの空けた斜面を滑る。パウダーの時期に来たいっす。

Hここだけ雪が繋がっていた。

I無事に林道に合流。

J菱ヶ岳西面を間隔を開けてトラバース。

Kその下には素晴らしい斜面が続いていた。対岸の山は坊ヶ池山稜。

L山頂部を背に快適クルージング。

Mゆきだるま物産館。食事もできます。

1_2詳細地図

3広域地図

|

« 青田南葉山 2013.3.24 | トップページ | 大毛無山~矢代第三発電所(大毛無沢~北桑沢) 2013.4.5 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青田南葉山 2013.3.24 | トップページ | 大毛無山~矢代第三発電所(大毛無沢~北桑沢) 2013.4.5 »