« シャルマン火打スキー場 2013.1.20 | トップページ | 飯山での里山ツアー 2013.2.9 »

2013.02.03

佐渡山 2013.2.3

本日は戸隠の佐渡山へ。実に登りやすい山だった。
A稜線に出ると劇的にガスが切れた。

朝の戸隠大橋は停める場所なし。ギリギリ最後の1台分スペースに入りこむ。見ると恐ろしい数の人が入っているようだ。我々も準備をして長い林道を歩きだす。天候は濃いガスだが、上空には時おり青空が見えては消える。黒姫・乙妻の分枝で休憩していると、長岡のSさんと遭遇。これから黒姫を目指すのだとか。我々は乙妻方面に入って最初の小沢を越えた尾根から取り付く。この尾根を詰めればおのずと山頂に着く。少し細い尾根だが、実に登りやすい尾根だ。稜線に出たところで10人規模のグループと遭遇。この頃からガスが切れて周囲の山々が展望できるようになってきた。

B黒姫山

C高妻山と乙妻山。北東斜面が素晴らしい。

D大パノラマ!

E火打山

F林間は斜度良し、雪良し。

山頂は先ほどのグループと私達で窮屈だ。飯綱方面はガスっていたが、黒姫から焼山は感動のパノラマ。気の済むまで写真を撮ってから滑走準備。登ってきた細い尾根を暫く戻ってから南斜面へ。基本的に雪は少ない。藪が濃過ぎ。それでもまともな斜面を探しながらフォールラインへ落ちる。斜度は申し分なし。日が射している割に雪は良かった。さすが戸隠。氷沢まで降りるつもりだったが、途中で本当に藪に阻まれて断念。そのままコルまでスキーのまま登って登ってきた尾根の南の沢周辺を降りた。酷いクラストだったが、これもまたツアーの思い出である。林道に出てからは山頂で遭遇したグループと再会。皆さん、怖いほどのスピードで林道を流していた。黒姫・佐渡山周辺は探せばたくさん良い斜面がありそう。少し目を向けてみる価値がありそうだ。

G佐渡山のコルまで降りるとガスの中に入った。幻想的。

|

« シャルマン火打スキー場 2013.1.20 | トップページ | 飯山での里山ツアー 2013.2.9 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャルマン火打スキー場 2013.1.20 | トップページ | 飯山での里山ツアー 2013.2.9 »