« 鍋倉山 三郷ルート 2013.2.10 | トップページ | 赤倉山 2013.3.3 »

2013.02.17

黒姫山 2013.2.17

昨日はこの時期にしてはそこそこまとまった降雪だった。そこでパウダーを期待して本日は黒姫山へ。
111黒姫山の稜線。行程の殆どが急斜面。登りはつらい。

9時妙高高原出発。築田さん、桑原さんの3人パーティー。ゲレンデでリフト券を2枚買って上部へ。すでに数パーティーが登っているのが見える。ゲレンデ最上部付近でさえ、30cmほどは積もっていただろうか。トレースがあるのは有難い。先頭を行く築田さんに着いているのに精一杯。加えてトレースも固く急すぎてズルズル滑る。旧ゲレンデトップから緩く登りはじめて第二の壁に取り付くもここでも苦労した。ようやく稜線に着いたが、ガスが立ち込める中、妙高や鍋倉山方面は良く展望できた。稜線の樹林帯はさすがに冷える。雪面も固くて風の威力を感じた。
112深いひたすら深いパウダー。

113桑原さんの滑り。

東尾根取り付きからドロップするも雪が深すぎ。なんと贅沢な…ここまで深くなくてもいいってほど。もうスキーではなく、ボードでなければ太刀打ちできない深さで雪もそれなりの重さがあるのはやはり2月下旬に差し掛かったからだろうか。尾根をどんどん降りると途中から深いながらも樹林間隔が広いイイ感じの斜面に出た。相変わらず直滑降に近いターンしかできないが、安心して滑ることができた。
114桑原さんの滑り。悔しいがカッコ良い。

しかし、ペースが速い。尾根の下降地点からは太ももがパンパンになてきた。樹林も濃くなり、もはやテレマークターンは不可能。平坦な樹林帯をトラバースしてゲレンデ帰着。正味4時間ほどのツアーで14時過ぎには帰宅。なんたるお手軽&ハイペースなツアーだ。
あの東尾根稜線直下の深いパウダー、ちょっと有り得ない感触だった。常に板を浮かしていなければトップが刺さって転倒の可能性大。そうなるとどうしても後傾ポジションになってしまう。なんにしてもこの春のような冬のような季節の挾間で最も黒姫らしいコンディションで滑ることができたのは良かったと思う。

|

« 鍋倉山 三郷ルート 2013.2.10 | トップページ | 赤倉山 2013.3.3 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰! よいメンバーでサクッとよいツアーだったようですね。いいなあ。なかなか滑りに行けませんが。春に行けるといいなあ。

投稿: ボルトマンF | 2013.02.19 15:22

久しぶりだね。そりゃ、忙しいよね。
予定があえば是非…と言いたいところだが、今が一番大変な時期だよね。
こちらもなんだかんだ予定がギッシリ。嬉しい悲鳴です。

投稿: 吉田 | 2013.02.19 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鍋倉山 三郷ルート 2013.2.10 | トップページ | 赤倉山 2013.3.3 »