« 年末年始はニセコでスキー | トップページ | シャルマン火打スキー場 2013.1.20 »

2013.01.12

三田原山 2013.1.12

シーズン最初のツアーとして三田原山に行ってきた。
Pn112

快晴の土曜日とあって杉の原は凄い混雑。ゴンドラに乗って上部へ行くと無数のトラックがあった。シーズン最初と言うことと、新しい板での初ツアーとして周辺を歩いてENZOビンディングの機能を改めて確認。結局稜線着は13:00。稜線近くには信じられないことにまだ笹が出ていた。小枝も多い。やはり昨シーズン、大雪だったためか、今年は雪が少ないのだろうか。それとも1月半ばだとこんなもん?
A風もなく、気温も高くて実に穏やかな陽気だった。この後、感動の滑走へ。

Bやはり私にはニセコパウダーよりこちらの方が向いている。
重い!トップが反り返りスプレーが舞った。最高の雪だ。

滑走準備を整えて北面へ。低い気温で保存されていただけあって、雪は素晴らしいパウダーだった。シーズンに何度もない快晴のパウダーだ!赤倉山近くの開けた斜面を縦に降りるとそれだけでもう満足だった。今回は滝沢尾根まで長いトラバース。途中、大谷ヒュッテを見下ろして良い斜面を選びながら滑る。藪は多い。シーズン初めだし、積雪はまだこれからだ。
途中、ルート取りに悩んだことと、藪漕ぎに苦しめられたが、どうにか滝沢尾根に合流。ここ、ゲレンデと変わらんくらいのトラック。アカカンに降りたのはもう16:30だった。シーズン初ツアーにしてはちょっとハードだったけど、予想外のパウダーに恵まれて良きツアーとなりました。
C源泉噴気孔を過ぎて遠く大谷ヒュッテを見下ろす。写真上部の斑尾山もまだまだ低い。
連休とあり、ここに泊まると思われる人もいた。ルートはここからが長い。

|

« 年末年始はニセコでスキー | トップページ | シャルマン火打スキー場 2013.1.20 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末年始はニセコでスキー | トップページ | シャルマン火打スキー場 2013.1.20 »