« 守門岳 2012.10.14 | トップページ | 至仏山 2012.10.22 »

2012.10.21

黄葉に染まる浅間山 2012.10.21

秋も深まるなか、少しでも晴天率の良さそうな浅間山に登ってきた。車坂峠から歩き出す、いわゆる浅間山の全容を見てから登るコースである。
A最も浅間山らしいこの角度。噴煙は殆ど出ていなかった。

軽井沢や菅平などこの界隈には時々遊びに訪れているのだが、浅間登山は11年振りであった。前回は浅間山荘基点の火山館コース。今回は浅間山の裾野から頂点まで見て峠から登るいわゆる黒斑山コースである。スタートはより標高の高い2000mの峠だが、湯の平まで相当下るため、結果的にはこちらの峠コースのがキツイ。

C少し標高を下げると湯の平の黄葉と織り交ぜて写真が撮れる。

E見えている最高点は前掛山。

日曜日である。車坂峠の駐車場はほぼ満車。歩き出すも前も後ろも人がいる。トーミの頭から大迫力の浅間を見てから草すべりを下る。ぜっかく登ったのに嫌になるほど下るのだ。雄大な浅間山はもちろん素晴らしいが、見下ろす湯の平も良い色をしている。

B湯の平からみ上げる黒斑山。

まずは前掛山へ。そして強風の中、前回も訪れた釜のふちへ。自己責任とはいえ、非常に多くの人が釜まで来ている。煙と硫化水素のガスで息もできなかった前回と違って、今回は穏やか。覗くと火口の底の黒い噴気孔まで確認できる。浅間が初めてのRunaは感動していた。

D釜の縁から…何が起こってもおかしくない場所。

F外輪山と湯の平全容。

Hいやぁ、いい色ですね。

I湯の平黄葉。

J湯の平黄葉。

K湯の平黄葉。

単調かもしれないが、紅葉よりも見ごろの長い黄葉が豊富。その密度と色あいは見事だった。雲ひとつ無い快晴と相まって、今回も浅間らしい迫力と癒しを満喫させてくれたのだ。下山後は一度入りたかった高峰温泉へ行くが、15時を過ぎていたため、入れず。浅間山荘天狗の湯へ。日本一と言われる鉄鉱泉に浸かって旅の疲れを癒したのだ。佐久市内で買出し後、明日のために向かうは沼田の道の駅。長い移動が待っていた。

|

« 守門岳 2012.10.14 | トップページ | 至仏山 2012.10.22 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 守門岳 2012.10.14 | トップページ | 至仏山 2012.10.22 »