« 岩菅山 2012.8.25 | トップページ | 焼山 2012.9.14 »

2012.09.02

平標山 2012.9.2

今週は中越へ。人気の平標山に登った。
P1250402

妙高からだと直線距離はたいしたことはないんだけど、北信と中越の間に大きな苗場山が鎮座しているので、北から回りこむ形になる。高速を使うと倍近い距離になるので栄村経由で湯沢。説明不要の余りにも有名な山。関東から近いので停まっている車の大半は関東ナンバーだった。
P1250408
四方八方から登山道が通っているので、登りは松手山経由で下山は平標山荘経由とした。よく整備された急な登山道を鉄塔まで。9月と言っても下界(特に海沿い)はうだるような残暑。しかし、さすがにこの辺りまで来ると山を抜ける風も涼しい。鉄塔から松手山に差し掛かる頃、雲がどんどん沸いてきて山頂付近もガスってきた。おまけに雨まで。小雨から結構な本降り。久々である。とりあえず上着だけ雨具を着用して様子見。
P1250399
視界があれば最高であろう山頂までのトレッキングルートは雨に降られながらもそれなりに楽しめた。この山、多分平日でもかなりの人が訪れるのだろう。それほど適度な山なのだ。山頂は横殴りの雨と風。長居は無用で急な階段を山荘まで下りる。ここまで下ると雨も止み、さきほどの荒れ模様が嘘のようだ。
ここからまた、林道までの長い下りが待っている。登ってくる人は決まって「上は雨か?山荘まであとどの位?」と聞いてくるのには笑った。長い林道を終えて駐車場へ。急な場所と緩やかな場所がそれぞれメリハリが付いて、この時期でも花が咲き誇っていたのが救い。この平標山…また必ず来ることになるだろう。

|

« 岩菅山 2012.8.25 | トップページ | 焼山 2012.9.14 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岩菅山 2012.8.25 | トップページ | 焼山 2012.9.14 »