« 梅雨末期に高谷池まで 2012.7.15 | トップページ | 白馬岳 2012.8.4~5 »

2012.07.29

越後駒ヶ岳 2012.7.28~29

久々のまともな夏山です。越後駒ヶ岳に登るためにシルバーライン経由で枝折峠へ。
A

尾根上から見た駒ヶ岳の遠さにRuna共々唖然。中間地点の小倉山まではこれでもかって位のアップダウンだ。標高が低く、日射もキツイので暑さで体力消耗。前駒からやっと涼しい山の空気に包まれた。4時間かかって小屋へ。土曜日とあって泊まりは30人ほどか。この駒の小屋は形式的には避難小屋。無雪期の殆どが管理人常駐だとか。避難小屋と言うこともあって宿泊費ではなく、維持管理費として二千円を払う(強制ではない)。もちろん自炊のみで発電機もない。小屋内は大きなフロア2つと小さなフロア1つの非常にコンパクトなレイアウト。しかし、無駄が一切なく、全てが機能的だ。標高1900mほどにあるのでこの時期でも涼しい。晩ご飯は外で頂いた。
B
C
D
E

余り眠れぬまま朝を迎え、待望の山頂へ。小屋からわずか20分ほどで着いた。山頂からは八海山が圧巻。いつか登りたい中ノ岳もよく見える。荒沢岳も非常に立派だ。小屋で水を補給して下山にかかるが、小倉山からのアップダウンが長いのなんのって…。このコース、枝折峠⇔小屋間はアップダウン多いために登りも下りもそんなに大差ないです。

帰りは十日町経由で上越へ。あの涼しい別天地を味わえただけで満足の2日間でした。

|

« 梅雨末期に高谷池まで 2012.7.15 | トップページ | 白馬岳 2012.8.4~5 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨末期に高谷池まで 2012.7.15 | トップページ | 白馬岳 2012.8.4~5 »