« 天狗原山・金山 2012.4.28 | トップページ | 黒沢岳 2012.5.19 »

2012.05.13

鍋倉山 2012.5.13

ここへ来ると滑るよりもブナを見るほうが楽しくなってしまう。
素晴らしき新緑に終始感動!
A他県からもいろんな人が訪れて小さな道の駅のような賑わいだった。

スキーシーズンもいよいよ終盤だが、通常この時期だと雪が豊富で快適な場所と言えば白馬に乗鞍に立山が定番だろう。それをあえて近場の鍋倉に行ってみた。近場と言ってもこの時期は飯山周りで峠越えをしなければならず、少々アクセスに時間を要す。除雪は西の沢下の広い駐車場まで達していた。ここから先も道路に雪は無かったが、雪崩などの自然災害を警戒してか、斜面の雪が消えるまでは開通しないのだろう。

5月の鍋倉は初めてだが、豪雪の年らしく雪は非常に豊富。西の沢沿い谷中を辿り、コルへ。コルから鍋倉山頂まで実に楽。時間にして丁度1時間で山頂へ。快晴の日曜とあって写真撮影、ハイキング、スキーツアーと非常に賑わう鍋倉だった。低い山だけにさすがに山頂は藪が出始めていたが、ハイク・滑走ともにほぼ問題なし。もう暫く楽しめそうです。
滑りは北東尾根からブナの急斜面を経て立木の無い北斜面へ。心地良い陽気と新緑に癒されて下山してから1時間もぼーっとしたりブラブラしたり…何もしなくても体が浄化される…まさにスーパーパワースポット化していました。時期的にガッツリ滑ることはないので、こんな場所でひながのんびりできて生き返りました。
B西の沢。雪割れは一切なし。
よって安心して登れた。これをコルまで登るのが最も楽。

Cコル。ここまで登ると関田山脈が一望できる。

D_2コルからの鍋倉。遠目には何処に雪が?って感じだったが、北斜面にはまだまだ雪があった。

E東尾根を辿る。どこかで北斜面へ出れば雪は繋がっている。

F緑・青・白…これが見れるのは今だけ。

G私が好んで滑る立木無しの北斜面。まっすぐ下れば駐車場に着く。

H探せば他にもスキー向けの斜面はたくさんあったが、車→山→車を考えるとやっぱりこんなルートになってしまう。

I北斜面を下から。

J駐車場近くから。ブナは根元で曲がることなく、しっかりと太陽に向かって伸びていた。
1

|

« 天狗原山・金山 2012.4.28 | トップページ | 黒沢岳 2012.5.19 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天狗原山・金山 2012.4.28 | トップページ | 黒沢岳 2012.5.19 »