« 杉の原スキー場 2012.2.27 | トップページ | 残雪の山々 »

2012.03.08

重倉山 北尾根 2012.3.8

以前から暖めていたツアールートのひとつに行ってきました。重倉山に登り、山越えして日本海側に降りる長いルートです。1北尾根途中から見たつぐらっこ山は重倉山より目立っていた。

雪はようやく落ち着いたものの、休みと天候のサイクルが全く合わなかった。というより、基本的に2月下旬より晴天日が少ない。そんな中、今日は唯一まともな予報だったので、ストックリストのなかからこのルートを決行。
朝はどんより、晴れ予報でもこんなもんか。バスで西野谷へ。歩き出しが8時10分。単独釣り師を見送り、台地上へ。曇りだが、風はそんなに冷たくなく、山頂が時おりガスる程度。重倉山山頂には単独の革靴細板の人が…。いきなり「この山なんて名前?」って聞かれて驚く。知らない山に登ったってわけか?

さて、下山は北尾根へ。重倉山頂部から辿る北尾根がはっきりと見渡せる。つぐらっこ山まではそれほど標高を落とすわけではない。雰囲気のよいブナ林を登ったり下ったりしながらつぐらっこ山へ。ここから大斜面を1本滑って下山地点は桑取ゆったり村。バスの時間まで1時間近くあったのでもちろん温泉に浸かる。なんか館内でスタッフ数名にどこから下ってきた?と詳しくきかれ、新井から山を越えてきたと言ったらびっくりしていた。この温泉、以前も来たけど…清潔でゆったりしていてお勧めです。バスと電車で夕方帰宅。久々に板を持って電車に乗った。
2つぐらっこ山より振り返り見た重倉山。重倉山は北から見るとただの藪山である。
リフトやゴンドラを利用せず、山頂を踏んだツアーとしては今期初。しかもロングツアーで足がパンパンになった。もう3月だからそろそろ体も仕上げないと…。天気、悪いですね。明日からまた暫く寒気で荒れるとか。春というにはまだまだ厳しい妙高です。レポはこちらより。

|

« 杉の原スキー場 2012.2.27 | トップページ | 残雪の山々 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 杉の原スキー場 2012.2.27 | トップページ | 残雪の山々 »