« 杉の原スキー場 2012.1.26 | トップページ | 粟立山 2012.2.21 »

2012.01.31

杉の原スキー場 2012.1.31

本日は大荒れ予報のなか、杉の原で滑るSg131

1月最終日。振り返れば新年が明けてから途中、中休みがあったものの、基本的に歴史に残るような怒涛の降り方だった。このblogを書いている今もしんしんと降っています。本当は今日は山に入る日だったけど、さすがに中止。雪崩リスクも高く、こんな日に限って事故など起こりがち。急遽杉の原のゲレンデへ。
しかし、午前は意外と日差しも出て穏やか。昼食前から予報通り、気温の低下・強風・降雪と見たままの冬の嵐に。気温が低かったことから非常に雪質良好。普通に滑っていてもどんどん板が走るコンディション。今日から3日ほど日本海側を中心に盛大に荒れるそうな。

このところの連続の寒気の影響で上越、妙高市内は地獄絵図のよう。電車はまともに動かず、行政も機能してないような気がする。思えば我々スキーヤーはシーズン初期、大雪を待ち望んでいたはず。でも災害クラスになるとは誰が予想しただろう。白馬では雪崩死亡事故も起きた。山だけに降ってほしい…それは人間側の勝手な都合なのである。

|

« 杉の原スキー場 2012.1.26 | トップページ | 粟立山 2012.2.21 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

今年は、地獄のような妙高市街地ですね。
自宅から出掛けるのも大変で、市役所にも近寄れず仕事の方はお預け状態。
スキー場にもレッスン以外は行ってませんよ。
当然テレマークは今年は2回のみ。
ジッと我慢な日々ですよ。(-_-)

投稿: コン | 2012.02.01 08:35

今期はまさに災害級の大雪。
そのうち落ち着くとは思うけど、今は我慢だね。

投稿: kei | 2012.02.02 01:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 杉の原スキー場 2012.1.26 | トップページ | 粟立山 2012.2.21 »