« 杉の原スキー場 2011.12.25 | トップページ | 杉の原スキー場 2012.1.1 »

2011.12.30

シャルマン火打スキー場 2011.12.30

年末最後のちょっとした寒波がやってくるとのことで、快適パウダーを見込んでシャルマンに行ってきた。500

よくあることだが、見込み違いで荒れ狂う天候に翻弄された。駐車場に着いた時点でハズレ日を確信。上部は視界が悪い。リフト券は本日まで半額ということもあり、とりあえず準備をしてリフトに乗る。メールから滑るが、全く圧雪してない上に昨夜から積もった40cmほどのパウダーは見るも無残に無くなっており、悲壮感漂う状況。スタートが遅れた自分が悪いと言えばそれまでだが、私はこのゲレンデのピステンも大好きなのだ。パウダーが無ければ圧雪斜面(とくにスノーマン下部)を滑りたかった。

しかし、省エネと謳いここまで基本コースを圧雪しないシャルマンの方針に私は反対だ。さきほどパトロールblogを見ると案の定、今日のシャルマンは怪我人続出だったそう。あれだけの人が一気にノートラック目指して滑り、視界が悪いとなれば怪我人もでるだろう。スノーマンとメール上部だけでも圧雪していれば…まだ視界が悪くてもどうにかなったのでは?スノーマンも含めて3本ほど黙って滑ったが、まるで雪崩の跡のデブリ地帯を滑っているかのような感覚。周囲を見るとアルペンスキーやボーダーもあちこちで転倒している。
気持ちよくテレマークターンができたのはレーズンだけ。そのレーズンさえポールバーン使用につき、コースの1/3が規制中。この時期、怪我だけは避けたい。そうとなれば私の決断は早かった。11時過ぎに上がり。足がもたんし、気持ちよくターンができないからである。

ちなみに本日はテレマーカーが異常に多かったし、12月のシャルマンにしては雪が多かったです。ゲレンデトップで350cmとのこと。視界が悪く、混雑が予想される日だけでも省エネより安全を優先してほしかった。

|

« 杉の原スキー場 2011.12.25 | トップページ | 杉の原スキー場 2012.1.1 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 杉の原スキー場 2011.12.25 | トップページ | 杉の原スキー場 2012.1.1 »